• 印刷する

英キャサリン妃が第3子懐妊

英王室は4日、ケンブリッジ公爵ウィリアム王子の夫人、キャサリン妃が第3子を妊娠したことを明らかにした。

王室は「エリザベス女王や、両家の家族もこのニュースを喜んでいる」と発表。これを受けて、メイ首相は「素晴らしい知らせ。心から祝福する」とメッセージを公表した。

キャサリン妃は過去2回の懐妊時と同様に今回もつわりがひどく、同日に予定されていた公務を休んだ。BBC電子版は、これが発表に踏み切った理由になったとしている。同妃はケンジントン宮殿内で療養している。

キャサリン妃は2013年7月に長男のジョージ王子を出産。2015年5月には長女のシャーロット王女が生まれている。第3子の王位継承権は、シャーロット王女に次ぐ5位となる。


関連国・地域: 英国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

イングランド北東部で新規制 世帯間交流や飲食店の営業制限(09/18)

英、店舗の立ち退き禁止措置を年末まで延長(09/18)

新規感染者数、8月下旬から2.5倍超に増加(09/18)

英中銀、金利を0.1%で据え置き(09/18)

小売りジョン・ルイス、上半期は赤字転落(09/18)

ニチレイロジ、低温物流の英社を買収(09/18)

エニとBP、エジプト沖でガス鉱床発見(09/18)

政府のコロナ対応、独とオランダで高評価(09/18)

日立、英原発建設から撤退 新型コロナで投資環境が悪化(09/17)

労組ユナイト、雇用維持制度の延長を要求(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン