• 印刷する

英キャサリン妃が第3子懐妊

英王室は4日、ケンブリッジ公爵ウィリアム王子の夫人、キャサリン妃が第3子を妊娠したことを明らかにした。

王室は「エリザベス女王や、両家の家族もこのニュースを喜んでいる」と発表。これを受けて、メイ首相は「素晴らしい知らせ。心から祝福する」とメッセージを公表した。

キャサリン妃は過去2回の懐妊時と同様に今回もつわりがひどく、同日に予定されていた公務を休んだ。BBC電子版は、これが発表に踏み切った理由になったとしている。同妃はケンジントン宮殿内で療養している。

キャサリン妃は2013年7月に長男のジョージ王子を出産。2015年5月には長女のシャーロット王女が生まれている。第3子の王位継承権は、シャーロット王女に次ぐ5位となる。


関連国・地域: 英国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

保守党との閣外協力を放棄も 北アのDUP、離脱協定案に反発(11/21)

スイスの時計輸出、10月は7.2%拡大(11/21)

西政府、ジブラルタル巡り離脱協定案に難色(11/21)

連立政権、非EU市民の移民規制緩和で合意(11/21)

格安航空イージージェット、通期は42%増益(11/21)

CBI製造業受注、11月は加速に転じる(11/21)

給食コンパス・グループ、通期は2.3%増益(11/21)

BHP、3億ドル超追納で豪国税局と和解(11/21)

仏政府、大学の英語による授業を拡充へ(11/21)

保険プルデンシャル、越でプラごみ削減へ(11/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン