• 印刷する

北海の油ガス生産、過去10年で最大に 新開発プロジェクト14件が始動

英領北海で今年始動するガス・油田開発プロジェクトによる生産量は、過去10年で最大規模となる――。こうした見通しが、エネルギー関連のコンサルティング会社ウッド・マッケンジー(英国)の最新の報告書で明らかになった。ブルームバーグが4日伝えた。

それによると、英領北海で年内に始動する新ガス・油田プロジェクトは14件となる予定で、これらのガス・油田のピーク時の生産量は原油換算で日量23万バレルに達する見込みという。来年は、英国の大陸棚における生産量は平均日量1,900万バレルと予想されるが、このおよそ12%を新たなガス・油田が占める格好だ。

生産量の拡大は、2010~2014年に実施された大型投資計画が実を結んだため。増産は2年連続となる。ただ、その後は原油価格の下落を受け、投資が縮小されていることから、増産は今年が最後となるとの公算が高い。国際エネルギー機関(IEA)は先に、英国では2019~2022年にガス・石油生産量が毎年減少していくとの見通しを明らかにしている。

英国の石油業界団体オイル&ガスUKは「2020年以降の大幅な減産を回避するため、早急に資本を確保し、英国大陸棚で新規プロジェクトを立ち上げる必要がある」と話している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 天然資源小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

【欧州企業よもやま話】第263回・アコーホテルズ 中間層向けの「ノボテル」で成功(09/19)

アイルランドGDP、第2四半期は2.5%増(09/19)

石油セプサ、年内に上場=25%株超を放出(09/19)

EU移民の労働ビザ優遇は不要 離脱後は域外と同等に=諮問委(09/19)

スーパー売上高、直近12週間は3.8%増加(09/19)

英仏漁業団体、ホタテ漁問題巡り合意(09/19)

JLR、バーミンガムの工場で減産体制に(09/19)

EU離脱派、メイ首相案の撤回キャンペーン(09/19)

鉄道遅延率、過去12年で最悪の14%(09/19)

シェル、星でプロピレンの貯蔵能力を増強(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン