• 印刷する

北海の油ガス生産、過去10年で最大に 新開発プロジェクト14件が始動

英領北海で今年始動するガス・油田開発プロジェクトによる生産量は、過去10年で最大規模となる――。こうした見通しが、エネルギー関連のコンサルティング会社ウッド・マッケンジー(英国)の最新の報告書で明らかになった。ブルームバーグが4日伝えた。

それによると、英領北海で年内に始動する新ガス・油田プロジェクトは14件となる予定で、これらのガス・油田のピーク時の生産量は原油換算で日量23万バレルに達する見込みという。来年は、英国の大陸棚における生産量は平均日量1,900万バレルと予想されるが、このおよそ12%を新たなガス・油田が占める格好だ。

生産量の拡大は、2010~2014年に実施された大型投資計画が実を結んだため。増産は2年連続となる。ただ、その後は原油価格の下落を受け、投資が縮小されていることから、増産は今年が最後となるとの公算が高い。国際エネルギー機関(IEA)は先に、英国では2019~2022年にガス・石油生産量が毎年減少していくとの見通しを明らかにしている。

英国の石油業界団体オイル&ガスUKは「2020年以降の大幅な減産を回避するため、早急に資本を確保し、英国大陸棚で新規プロジェクトを立ち上げる必要がある」と話している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 天然資源小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

トラックのボルタ、3700万ユーロ調達(09/20)

英、入国時の規制を大幅緩和 ワクチン接種完了者を優遇(09/20)

UAE、英国に5年間で100億ポンド投資へ(09/20)

小売売上高、8月は0.9%減少(09/20)

ロンドン、バスのゼロ排出化を34年に前倒し(09/20)

アパレルのエイソス、環境保護策を強化(09/20)

ネクスト、英で「ギャップ」ブランド運営へ(09/20)

英米豪が安全保障で新枠組み 豪へ原潜技術提供、中国念頭に(09/17)

シェル、ロッテルダムにバイオ燃料施設建設(09/17)

ジョンソン政権、内閣改造後の顔ぶれ確定(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン