• 印刷する

英ジョン・ルイス、子供服をジェンダーレスに

大手百貨店ジョン・ルイスは、自社で販売する子供服について、性別による差異をなくす「ジェンダーレス」とする取り組みを開始した。英国の主要小売店としては初めての試みとなる。インディペンデントなどが伝えた。

ジョン・ルイスは男児服と女児服の売り場と陳列を統合し、自社ブランド商品のタグから「男の子用」、「女の子用」という性別を分けた表示を撤廃。すべて「男の子&女の子用」というタグに切り替えた。また、ユニセックス商品の展開を開始し、怪獣の模様がついたワンピースなどを販売している。

子供服部門の責任者のキャロライン・ベッティス氏は「性別に基づくステレオタイプを押し付けることはしたくない」とコメント。子供たちやその親が、着たい服を自由に選べるよう、商品の幅を広げたいとしている。

同社ウェブサイトの子供服ページと学校の制服については、現時点では性別を分けた形での販売が続いているものの、近日中に店舗での取り組みと歩調を合わせるものとみられる。


関連国・地域: 英国
関連業種: 繊維IT・通信小売り・卸売り社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

物流パレットウェイズ、ハンガリー進出(12/11)

離脱協定巡る下院投票を延期 メイ首相、EU首脳と再協議を示唆(12/11)

ミシェル連立政権、最大勢力が離脱(12/11)

「英の離脱通告は撤回可能」 欧州司法裁、議会での承認条件に(12/11)

政府、クロスレールに13億ポンドを追加融資(12/11)

昨年のテロ件数、トルコが欧州で最も減少(12/11)

JACリクルートメント、ドイツに新拠点(12/11)

鉱工業生産、10月は0.6%減少(12/11)

ヴァージン航空、パイロットが22~25日スト(12/11)

正規雇用、過去13カ月で2番目に低い伸び(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン