• 印刷する

独アーヘン、原発事故に備え安定ヨウ素剤配布

ドイツ西部アーヘン(Aachen)の市当局は、ベルギー東部のティハンジュ(Tihange)原発の事故に備え、安定ヨウ素剤の無料配布を開始した。ドイチェ・ウェレなどが伝えた。

同原発の一部は運転開始から40年以上が経過するなど老朽化が進み、最も古い原子炉は2年前に操業を停止する予定だった。しかし相次ぐ水漏れや新たな亀裂の発見に伴う一時閉鎖を繰り返しつつも稼働を継続。同原発から70キロメートルしか離れていないアーヘンでは、多くの住民がかねて安全性への懸念を訴えていた。

このため同市当局は、周辺地域を含む約50万人の住民を対象に予防的な措置に着手。市のウェブサイトで引換券を申し込めば、薬局で錠剤を受け取れるようにした。

こうした薬品は通常、1カ所にまとめて備蓄され、非常時にだけ配られる。だが市当局は、実際に事故が起きれば対応が間に合わないとして、事前配布を決めたとしている。[環境ニュース]


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ING、独コメルツ銀との提携視野に接近か(04/18)

欧州新車登録、3.9%減少 主要5カ国が軒並み不振=3月(04/18)

ダイムラー、電池素材の米新興企業に出資(04/18)

自動車産業の「命取り」になりうるCO2規制 <連載コラム・自動車産業インサイト>第33回(04/18)

【ウイークリー統計】第35回 牛乳の使い道とアイスクリーム(04/18)

ドイツの対露投資、過去10年で最高に(04/18)

金融当局、ワイヤーカード株取引で刑事告訴(04/18)

ドイツ機械受注高、2月は10%減少(04/18)

ユニリーバの会長、米バイオ企業の取締役に(04/18)

ボッシュ、独南西部に音響試験センター開設(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン