• 印刷する

EU、法の支配巡るポーランドの是正案却下

欧州委員会は8月31日、ポーランドの司法改革が欧州連合(EU)の法の支配の原則に反する恐れがあるとされる問題を巡り、同国政府の是正案を不十分として退けた。

欧州委のティメルマンス第1副委員長は、ポーランドが「重大な懸念」を解消するための具体的な措置を何ら示していないと批判。同委と他の全加盟国に新たな対応を求める考えだ。

欧州統合に懐疑的なポーランドの与党・法と正義(PiS)は2015年10月の総選挙で政権を奪還して以来、欧州委や多くの加盟国と対立。これまでに議会で承認された4法案が司法の独立に深刻な悪影響を及ぼすと批判されている。ドゥダ大統領はこのうち2法案に拒否権を発動したが、残りの2法案については署名済みだ。

欧州委が特に問題視するのは、裁判官の任命機関の管轄権を国会に付与し、最高裁判事を解任できるようにする案。実際に判事が罷免されるようなら、EUのリスボン条約第7条に基づきポーランドの議決権の剥奪も辞さないとしている。[EU規制]


関連国・地域: EUポーランド
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

アレグロ、集荷ロッカー3千台を設置へ(03/08)

ポーランド新車登録台数、2月は2%減少(03/05)

イグニティス、ポーランドにLNG供給へ(03/03)

PKNオーレン、国内の風力発電会社を買収(03/02)

アビバ、ポーランド事業の買収提案期限延長(02/26)

チェコ、国境の炭鉱巡りポーランドを提訴(02/24)

建設ブディメックス、不動産事業を売却へ(02/24)

ノースボルト、ポーランドに蓄電工場新設(02/22)

フォルシア、音響事業を独アドラーに売却(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン