• 印刷する

フランクフルト、不発弾処理で7万人避難へ

フランクフルト中心部で第2次世界大戦時の不発弾が見つかり、3日に処理作業が行われる。これに伴い、近隣住民ら7万人が一時避難する。当日の風向きや風速次第では、フランクフルト空港での離発着にも影響が出る見込み。ドイチェ・ウェレなどが8月30日伝えた。

発見された不発弾は総重量が1.8~2トンで、英軍が投下したものとみられる。爆心地から半径1キロメートルの建物を破壊する威力を持つ。7万人の避難は、ドイツでは戦後最大規模。昨年12月にも南部アウクスブルクで不発弾が見つかり、処理の際に5万4,000人が避難した。

米スミソニアン学術協会の調査によると、英米の空軍は1940~1945年に延べ270万トンの爆弾を欧州に投下。うち半数はドイツに投下され、その10%が不発弾になったと推定されている。ドイツでは戦後70年経った今でも、毎年数百個の不発弾が発見されている。


関連国・地域: 英国ドイツ米国
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

バイエル、米の除草剤訴訟で賠償金が減額(07/17)

HIS、リーガ・エスパニョーラと契約(07/17)

ZEW景気期待指数、7月は悪化(07/17)

ドイツテレコム、動画見放題に違法判決(07/17)

照明機器オスラム、墺AMSが買収案を撤回(07/17)

VW世界販売、6月は1.6%増加(07/17)

ボッシュ、サプライチェーンをデジタル化へ(07/17)

BMW、星でアジア初の定額利用サービス(07/17)

シーメンス、独東部工場に官民共同で新施設(07/16)

PSAの販売台数、上半期は12.8%減少(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン