• 印刷する

フランクフルト、不発弾処理で7万人避難へ

フランクフルト中心部で第2次世界大戦時の不発弾が見つかり、3日に処理作業が行われる。これに伴い、近隣住民ら7万人が一時避難する。当日の風向きや風速次第では、フランクフルト空港での離発着にも影響が出る見込み。ドイチェ・ウェレなどが8月30日伝えた。

発見された不発弾は総重量が1.8~2トンで、英軍が投下したものとみられる。爆心地から半径1キロメートルの建物を破壊する威力を持つ。7万人の避難は、ドイツでは戦後最大規模。昨年12月にも南部アウクスブルクで不発弾が見つかり、処理の際に5万4,000人が避難した。

米スミソニアン学術協会の調査によると、英米の空軍は1940~1945年に延べ270万トンの爆弾を欧州に投下。うち半数はドイツに投下され、その10%が不発弾になったと推定されている。ドイツでは戦後70年経った今でも、毎年数百個の不発弾が発見されている。


関連国・地域: 英国ドイツ米国
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

独政府、エネルギーのSEFEを国有化も(09/26)

VW、一部生産を国外移管も=ガス不足対策(09/26)

ボッシュ、タイでEV関連サービスに参入(09/26)

メルク、上海にバイオ医薬試験施設を開業(09/26)

ガス輸入コスト、1~7月は2.6倍に拡大(09/23)

JAL、成田―フランクフルト路線を増便(09/23)

BMW、タイ高級車市場で3年連続首位へ(09/23)

独政府、ユニパー国有化 公的資金80億ユーロを注入(09/22)

ドイツ、競争当局の権限強化を計画(09/22)

欧州司法裁、独のデータ保持規定に違法判決(09/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン