• 印刷する

パリで「女性による女性のための」タクシー登場

パリのスタートアップ企業「ウィメン・ドライブ(Women drive)」が、女性による女性のためのタクシーサービスを開始した。男性ドライバーが多数を占める同業界で、女性が心地よく利用できるよう配慮されている。仏紙ル・フィガロなどが29日伝えた。

料金は1時間当たり50ユーロで、観光などに利用する顧客向けに8時間350ユーロの設定もある。ドライバーは女性のみで多言語での対応が可能なほか、買い物のコンシェルジュサービスも行う。車種は独高級車メルセデス・ベンツの「Cクラス」クーベで揃え、車内にはミネラルウオーターや化粧道具一式、タブレット端末が用意されている。将来的には他の都市にも事業を拡大する予定だ。

米市場調査会社ベネンソン(Benenson)・ストラテジー・グループの調査によると、米配車サービス大手ウーバー(Uber)に登録している米国人ドライバーのうち86%が男性。英国のタクシー運転手の98%が男性という統計もある。ウィメン・ドライブの創業者は、自らが男性ドライバーから受けたセクハラや不当な扱いに着想を得て起業。「タクシー業が男性だけの職業ではなく、女性が安心して乗車できる権利を持つことを証明したい」と意気込む。

女性向けの配車サービスは現在、英国や米国、オーストラリアなどでも展開されている。[労務]


関連国・地域: 英国フランスアジア米国
関連業種: 自動車・二輪車化学運輸IT・通信小売り・卸売りサービスマクロ・統計・その他経済雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

仏政府、3都市で「黄色いベスト」運動規制(03/20)

HCSF、金融機関に自己資本強化を要請(03/20)

PSA、伊フィアットとの合併も視野に(03/20)

ヤマハ発動機、販売金融子会社が仏で開業(03/20)

自動車部品ヴァレオ、印に新R&D施設(03/20)

ユーロフィン、台湾でM&A推進へ(03/20)

ユーロスター遅延、パリ北駅で最大5時間(03/20)

生活費の高い都市ランキング、パリが首位に(03/20)

ユーロ圏貿易収支、1月は黒字縮小(03/19)

OTP銀、スロベニア行の入札で最高額提示(03/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン