• 印刷する

ポーランド中小企業の大半、サイバー攻撃を経験

ポーランドでは中小企業の96%が過去にサイバー攻撃を経験している。英大手会計事務所プライスウォーターハウスクーパース(PwC)の調査を元に、ポーリッシュ・ニュース・ブリテンが29日伝えた。

同調査によると、サイバー攻撃を受けた回数は大半の企業で50回に上った。64%の企業は500回を超えた。手口の39%はユーザーを偽のウェブサイトに誘導するなどし、そこで入力させた個人情報をだまし取るフィッシング詐欺。有害ソフトウエアの侵入経路は多様で、企業がネットワークやサーバールームの保守に失敗する例も報告されている。

サイバー攻撃の深刻化を受け、中規模以上の企業はIT(情報技術)システムとデータの保護に多額の資金を投じている。調査に参加した企業では、48%が年間100万ズロチ(28万ドル)以上、50%以上が50万~100万ズロチを費やしているという結果が出た。

それでも、ポーランドのサイバー攻撃対策は万全とはいえないようだ。米半導体大手インテルが中東欧で実施した調査によると、ポーランドでは大企業の40%がサイバー攻撃への対応策を用意できていない。同国はチェコやハンガリーに比べ、ITセキュリティーへの関心が薄いという結果も出ている。


関連国・地域: ポーランドチェコハンガリー米国
関連業種: IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

チェコ、国連移民協定への不参加を閣議決定(11/15)

ポーランドGDP、第3四半期は5.7%拡大(11/15)

ブルガリア、国連の移民協定への署名拒否も(11/14)

サンタンデール、ドイツ銀の一部事業を買収(11/14)

VW、独のEV電池コンソーシアムに参加も(11/14)

ポーランド政府、独立100周年の行進を主催(11/13)

金融イデア・バンク、CEOが辞任(11/12)

中銀、政策金利を1.5%に据え置き(11/12)

製薬リヒター、1~9月期は6.8%増益(11/09)

ポーランドの失業率、10月は横ばいの5.7%(11/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン