• 印刷する

イタリア中部地震、発生から1周年

イタリアで24日、中部を襲ったマグニチュード(M)6.2の地震から1年が経過した。最も被害が大きかったアマトリーチェ(Amatrice)では、地震発生時刻である午前3時36分に現地の犠牲者数と同数の239回の鐘が鳴らされた後、追悼ミサが行われた。ザ・ローカルなどが伝えた。

同地震は、震央付近のラツィオ州やマルケ州、ウンブリア州のほか、ローマやボローニャ、ナポリでも揺れを観測。倒壊した建物の下敷きになるなどして合わせて299人が死亡したほか、400人近くが重軽傷を負った。同地域では昨年10月と今年1月にも地震が発生しており、家屋や学校、病院、教会などの被害総額は235億ユーロに上るとみられている。

被災地では1年を経てなお復興の足取りは重く、住民から怒りの声が上がっている。伊政府はこれまでに61億ユーロ超の支援金を振り向けているものの、がれきの撤去や仮設住宅の設置の遅れが目立っている。非営利の環境保護団体レガンビエンテ(Legambiente)によると、これまでに撤去された瓦礫は全体の8.6%に過ぎず、240万トン相当の撤去作業が残っているという。

なおイタリアでは地震の規模に対する震災被害が相対的に大きく、この理由の1つに違法建築が挙げられている。イタリア政府統計局(ISTAT)は昨年、建築基準法などに違反する建築物が全体の20%近くに及んでいると指摘。南部ではこれが60%に達する地域もあると警鐘を鳴らしている。


関連国・地域: イタリア
関連業種: 医療・医薬品建設・不動産マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

高速道路運営アトランティア、政府に新提案(07/16)

ポステ・イタリアーネ、独物流企業と合弁(07/16)

伊政府、200億ユーロの経済刺激策を準備か(07/15)

欧州委、ルクソティカ買収承認で条件提示か(07/15)

ベネチア、洪水対策の防波堤を初導入(07/14)

イタリア鉱工業生産、5月は42.1%増加(07/13)

伊連立政権、道路運営権巡り合意形成目指す(07/10)

伊政府、AGCのバイオ技術社買収に介入も(07/09)

ユーロ圏経済、8.7%縮小も 仏伊スペインで2桁の落ち込み(07/09)

欧州委、FCAとPSAの合併調査を延長(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン