• 印刷する

フランクフルト、国際学校への問い合わせが急増

英国の欧州連合(EU)離脱に伴い、フランクフルトのインターナショナルスクールに対する問い合わせや視察が急増している。ロンドンに拠点を持つ金融機関がEUの拠点をフランクフルトに移管することを続々と決めているが、異動する従業員の最大の関心事が子弟の教育にあるためという。ロイター通信が23日伝えた。

フランクフルトにはバイリンガルの学校が30校あり、合わせて約1万人が在籍している。このうち12校がインターナショナルスクールだが、同市の郊外にあるフランクフルト・インターナショナルスクールでは、例年では問い合わせの少ない夏季休暇中にブレグジットに絡んで問い合わせが週に3本程度あり、フランクフルトに拠点を移管する金融機関から既に9件の視察があった。

このため各校とも施設や教員の拡充を検討しているが、最終決定については先送りする例が多い。異動する金融機関の従業員が予想よりも少ない可能性があるほか、子弟をロンドンに残して単身赴任することも考えられるためだ。ちなみにフランクフルト・インターナショナルスクールの授業料は、年間約2万2,100ユーロと、ブリュッセルにあるブリティッシュ・スクールの約3万4,000ユーロよりもかなり低い。

フランクフルトに拠点の移管を決めているのは米シティグループやモルガン・スタンレー、英スタンダード・チャータード銀行などのほか、日本の金融機関では野村ホールディングスと大和証券グループ本社、三井住友フィナンシャルグループ、みずほ証券がある。ロンドンからフランクフルトに移る従業員は、向こう4年間で1万人に上ると見込まれている。[労務]


関連国・地域: 英国ドイツEUアジア米国
関連業種: 金融雇用・労務社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ベラルーシ、石油製品の輸出規制が撤廃(05/23)

OECD、ユーロ圏の成長見通し引き上げ(05/23)

トタル、独製油所で生産調整=露産原油問題(05/23)

ツェッチェCEOが退任 ダイムラー、変革は後任の手に(05/23)

独で連銀総裁をECB次期総裁に推す動き(05/23)

塩野義、モルテニと便秘症治療薬の販売契約(05/23)

トランスファーワイズ、時価総額35億ドルに(05/23)

センビオン、シーメンスガメサや東芝が関心(05/23)

JFE、独で大型ガスだきボイラーを受注(05/23)

グルーポアントリン、独で照明工場など開設(05/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン