• 印刷する

チャールズ英皇太子の支持が36%に急降下

英国王位継承者としてのチャールズ皇太子の評価が急降下している――。英インターネット調査会社ユーガブ(YouGov)が21日公表した最新調査でこうした結果が明らかになった。

それによると、チャールズ皇太子が王室にとって有益だと回答したのはわずか36%にとどまり、4年前の60%を大きく下回った。ダイアナ元妃が1997年8月31日にパリで事故死した際、この事故に対して沈黙を貫く英国王室を、国民やメディアは強く非難した。事故から20年が経過し、王室が信頼を取り戻しつつある中、今回の結果は王室広報担当者を驚かせた。

2005年に皇太子が結婚した元愛人のカミラ妃は王室に良い貢献をしていると答えたのは18%で、こちらも28%から大きく低下。30%はカミラ妃は王室には全くふさわしくないと回答している。

一方、ウィリアム王子とヘンリー王子が王室に良い貢献をしていると回答したのはそれぞれ78%と77%に上った。


関連国・地域: 英国
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ゴーブ氏、EU離脱相を拒否 後任にはバークレイ氏就任(11/19)

EEとヴァージン、過剰請求で当局が罰金(11/19)

自動車オペル、仏セグラとR&Dで提携(11/19)

JAL、英など海外空港にアルコール感知器(11/19)

国営宝くじ、2023年以降の運営主体を募集へ(11/19)

スーパーのアズダ、第3四半期は2%増収(11/19)

HSBC、香港で有給休暇を拡大(11/19)

英自動車メーカー、マの国民車構想に関心(11/19)

政府、AIのR&Dに30億ユーロ投資へ(11/16)

ラーブEU離脱相が辞任 メイ首相の不信任投票の動きも(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン