米ウーバー、英国でアプリによるチップ制導入

米配車サービス大手ウーバー(Uber)は15日、英国のドライバーの待遇改善に向け、アプリでチップを受け取れる仕組みなどを導入した。ドライバーの権利に関する英政府や労組の批判に応えた格好だ。ロイター通信などが伝えた。

アプリを用いたチップ制は6月にまず米国で導入したもので、利用者は現金を持たずにチップを渡せるようになる。これは全額ドライバーに支払われ、会社が手数料などを差し引くことはないという。

また22日からは「待ち時間料金」も導入される予定。利用者はドライバーを待たせた場合、最初の2分経過から1分ごとに20ペンスを支払う必要がある。

加えて、利用者が無料で予約をキャンセルできる条件を、配車決定後の5分以内から2分以内に厳格化する。

このほか、ドライバーが自らの目的地への相乗り希望者を探せる機能なども加わるという。[労務]


関連国・地域: 英国米国
関連業種: 自動車・二輪車IT・通信商業・サービス運輸・倉庫政治

その他記事

すべての文頭を開く

保険ゼネラリ、子会社2社を英社に売却(07/20)

<連載コラム・環境フォーカス>第26回 英国のEU離脱方針、環境規制に大混乱も(07/20)

コンチネンタルが組織再編 パワートレイン部門を上場へ(07/20)

ユニリーバ、2.4%減益 ストの影響で中南米落ち込む(07/20)

エアバス、衛星機能持つ太陽光ドローン公開(07/20)

小売売上高、6月は0.5%減少(07/20)

スポーツダイレクト、通期は12%増益(07/20)

グリーナジー、蘭のバイオ燃料工場を取得(07/20)

レストランのガウチョ、管財人の管理下に(07/20)

イージージェット、仏で航空スト巡り提訴(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン