• 印刷する

ビッグベンの鐘、大規模改修で4年間ストップへ

「ビッグベン」の愛称で知られるロンドン・ウェストミンスター宮殿の時計塔が、21日正午(現地時間)から修理のため4年にわたり鐘の音を止める。英議会が14日ウェブサイトで明らかにした。

完成から157年が経つ「ビッグベン」の鐘には、1時間ごとと15分ごとに鳴る2種類がある。作業員の安全確保のため鐘の使用を停止し、その後は大みそかや英霊記念日のような祭事に限り使用するという。

過去にも何度か修復作業が行われており、メンテナンスのため最後に鐘の音が止められたのは2007年。今回はタワー部の修理に加え、時計も解体して全面的にメンテナンスを行う。改修中は4つある時計のうち3つを覆い隠し、いずれか1つのみを見えるようにする計画。時計の駆動には本来の機械に代えて、電気モーターが使用される。


関連国・地域: 英国
関連業種: 観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ラーブEU離脱相が辞任 メイ首相の不信任投票の動きも(11/16)

政府、AIのR&Dに30億ユーロ投資へ(11/16)

欧州新車登録、10月は7%減 主要5カ国が引き続きマイナス(11/16)

アストンマーティン、10倍弱の増益(11/16)

ロイヤル・メール、上半期は利益半減(11/16)

小売売上高、10月は0.5%減少(11/16)

イネオス、オフロード車の生産拠点近く決定(11/16)

DSスミス、欧州委がユーロパック買収承認(11/16)

ソニー、EMIを完全子会社化(11/16)

英国、賭博規制の導入を来年4月に前倒し(11/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン