ビッグベンの鐘、大規模改修で4年間ストップへ

「ビッグベン」の愛称で知られるロンドン・ウェストミンスター宮殿の時計塔が、21日正午(現地時間)から修理のため4年にわたり鐘の音を止める。英議会が14日ウェブサイトで明らかにした。

完成から157年が経つ「ビッグベン」の鐘には、1時間ごとと15分ごとに鳴る2種類がある。作業員の安全確保のため鐘の使用を停止し、その後は大みそかや英霊記念日のような祭事に限り使用するという。

過去にも何度か修復作業が行われており、メンテナンスのため最後に鐘の音が止められたのは2007年。今回はタワー部の修理に加え、時計も解体して全面的にメンテナンスを行う。改修中は4つある時計のうち3つを覆い隠し、いずれか1つのみを見えるようにする計画。時計の駆動には本来の機械に代えて、電気モーターが使用される。


関連国・地域: 英国
関連業種: 観光・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ヒースロー、拡張巡り自治体が司法審査要請(07/23)

星金融BOS、ルクセンブルクに子会社設立(07/23)

愛経済は最大4%縮小も IMF、ハードブレグジット想定(07/23)

伊政府、アリタリアの過半数株を維持へ(07/23)

パウンドワールド、全335店舗を閉鎖へ(07/23)

インドネ・ガルーダ航空、英国便の廃止検討(07/23)

英バーバリー、3千万ポンド相当の商品破棄(07/23)

アストンマーティン、「空飛ぶ自動車」発表(07/23)

保険ゼネラリ、子会社2社を英社に売却(07/20)

<連載コラム・環境フォーカス>第26回 英国のEU離脱方針、環境規制に大混乱も(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン