• 印刷する

パリ近郊で車が兵士らに突っ込む=6人負傷

パリの北西に位置するルバロワ・ペレ(Levallois-Perret)で9日午前8時ごろ(現地時間)、兵士らに乗用車が突っ込み、少なくとも6人が負傷した。うち3人は重傷。警察当局は同日午後、容疑者とみられる30代の男を逮捕した。AFP通信などが伝えた。

当局は、パリから北に向かう高速道路上で、犯人を銃撃し負傷させた後に逮捕。犯行の動機は不明で、テロの可能性も含め捜査を進めている。負傷した兵士らは、テロ対策の部隊に所属。事件後、パリ近郊の病院に搬送された。

パリでは6月、シャンゼリゼ通りで乗用車が憲兵隊の車両に突っ込む事件があった。また4月には、やはりシャンゼリゼで発砲事件があり、警官1人が死亡、他に2人が負傷している。

フランス政府は、パリ同時多発テロを受け2015年11月に非常事態宣言を発動。マクロン大統領は今年5月、これを11月1日まで延長している。


関連国・地域: フランス
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ゴーン氏、会社法違反で東京地検が追起訴(04/23)

AGC、ハンガリー工場の生産能力拡大(04/23)

エンジー、米エムコア・グループの買収検討(04/23)

4月は過去3カ月で最低 ユーロ圏総合PMI速報値(04/23)

仏黄色いベスト運動、聖堂再建の寄付金批判(04/23)

キングスパン、ベルギー社の2事業に買収案(04/18)

アグリコル、西サンタンデールと事業統合へ(04/18)

欧州新車登録、3.9%減少 主要5カ国が軒並み不振=3月(04/18)

マクロン大統領「5年でノートルダム再建」(04/18)

自動車産業の「命取り」になりうるCO2規制 <連載コラム・自動車産業インサイト>第33回(04/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン