人気旅行先ランキング、フランスが首位を維持

相次ぐテロの影響にもかかわらず、2016年もフランスが人気旅行先の世界トップ――。世界観光機関(UNWTO)の最新調査で、仏観光業の力強さがあらためて浮き彫りとなった。AFP通信などが3日伝えた。

UNWTOによると、フランスを訪れた外国人観光客数は8,260万人と前年比で2.2%減少した。2位の米国は3%減って7,561万人。一方、3位のスペインは大きく10.3%拡大し、7,556万人と米国に迫った。この飛躍の背景には、普段はトルコやエジプト、北アフリカを訪れる観光客が、不安定な情勢を受けて行き先を変更したことがある。4位は中国で約6,000万人、5位はイタリアで5,237万人だった。

一方、外国人観光客による消費額は、米国が2,060億ドルで首位。2位はスペインで600億ドルに達し、タイと中国がこれに続いた。なお、英国は欧州連合(EU)離脱決定後のポンド安の影響で、前年の3位から7位に下落。支出額は340億ドルだった。


関連国・地域: 英国フランスEUイタリアスペイントルコアジア米国アフリカ中東
関連業種: 経済一般・統計商業・サービス観光・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

製造業景況感、5月は横ばい(05/25)

PSA、「デジタル・ファクトリー」開設(05/25)

ロシアの乗用車生産、4月は21.6%増加(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

ユニボールの豪社買収、取引成立に青信号(05/25)

スマホの中国・小米、パリに初店舗オープン(05/25)

ウーバー、パリに「空飛ぶタクシー」研究所(05/25)

自動車部品オートディス、IPO実施を延期(05/25)

蓄電池ゾンネン、石油シェルが出資(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン