• 印刷する

人気旅行先ランキング、フランスが首位を維持

相次ぐテロの影響にもかかわらず、2016年もフランスが人気旅行先の世界トップ――。世界観光機関(UNWTO)の最新調査で、仏観光業の力強さがあらためて浮き彫りとなった。AFP通信などが3日伝えた。

UNWTOによると、フランスを訪れた外国人観光客数は8,260万人と前年比で2.2%減少した。2位の米国は3%減って7,561万人。一方、3位のスペインは大きく10.3%拡大し、7,556万人と米国に迫った。この飛躍の背景には、普段はトルコやエジプト、北アフリカを訪れる観光客が、不安定な情勢を受けて行き先を変更したことがある。4位は中国で約6,000万人、5位はイタリアで5,237万人だった。

一方、外国人観光客による消費額は、米国が2,060億ドルで首位。2位はスペインで600億ドルに達し、タイと中国がこれに続いた。なお、英国は欧州連合(EU)離脱決定後のポンド安の影響で、前年の3位から7位に下落。支出額は340億ドルだった。


関連国・地域: 英国フランスEUイタリアスペイントルコアジア米国アフリカ中東
関連業種: 小売り・卸売り観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

エアバス、上半期の納入機数は5割減(07/10)

アルストム、鉄道事業買収に向け工場売却も(07/10)

仏首相、第2波到来でも全国的再封鎖はせず(07/10)

トタル、モザンビークガス事業の資金確保か(07/10)

PSA、「フリー2ムーブ」にオンデマンド(07/10)

英HSBC、仏で255人を整理へ(07/09)

エア・リキード、台中市の新工場着工(07/09)

ユーロ圏経済、8.7%縮小も 仏伊スペインで2桁の落ち込み(07/09)

イネオス、ダイムラー仏工場の取得巡り協議(07/09)

欧州委、FCAとPSAの合併調査を延長(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン