• 印刷する

パリ、2024年夏季五輪の開催地に=28年はロス

2024年の夏季オリンピックがパリで開催されることがほぼ確実となった。対立候補だったロサンゼルスが、2028年の夏季オリンピックを開催することで国際オリンピック委員会(IOC)と合意したため。9月のIOC総会での承認を経て正式に決定される見通しだ。仏オリンピック委員会が7月31日発表した。

2024年の夏季オリンピックの開催地をめぐっては、ローマや独ハンブルク、ブダペスト、米ボストンが相次いで立候補を取りやめ、残ったのはパリとロサンゼルスの2都市のみとなっていた。両市はいずれも、2024年の開催地に選ばれなければ4年後の2028年の夏季オリンピック開催地に再び立候補する意欲を示していた。こうした中、IOCは7月に開いた臨時総会で、2024年と2028年の開催地を次回総会で同時に決定し、パリとロサンゼルスに割り振る異例の案を採択していた。

ロサンゼルスは今回、IOCから最大20億ドル超の補助を受けることを条件に2028年大会の開催を受け入れた。この額は、2016年夏季オリンピックの開催地であるリオデジャネイロへの補助額を約50万ドル上回っている。

パリのイダルゴ市長は、「五輪関係者とパリとロサンゼルスがいずれも満足できる革新的でポジティブな合意を目指し、協力してきた」とした上で、ロサンゼルスの決断を歓迎。ペルーで開かれる次期IOC総会に向け今後も3者間で協議を重ね、「未来の五輪主義のために野心的な合意をまとめる」と話している。


関連国・地域: ドイツフランスイタリアハンガリー米国
関連業種: マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ルノー、ゴーン氏の会長兼CEO職解任も(01/17)

ノキア、フィンランドで年内に350人整理へ(01/17)

欧州新車登録、12月は8.4%減少(01/17)

パリの空港利用者数、2018年は3.8%増加(01/17)

欧州委、税制巡る加盟国の拒否権廃止を提案(01/17)

プラハ空港、昨年の利用者数が過去最高更新(01/17)

DSオートモビルズ、SUVで韓国進出(01/17)

カルデリス、台湾社と耐火物実験室を設立(01/17)

ブロックチェーン取引VAKT、トタルなど参加(01/17)

PSAの販売台数、通期は6.8%増加(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン