• 印刷する

欧州司法裁、ポーランドの原生林の伐採差し止め

欧州司法裁判所はポーランド政府に対し、欧州最後の原生林であるビャウォヴィエジャの森での大規模な伐採を即時中止するよう命じる仮判断を下した。欧州連合(EU)の指令に違反するとして、伐採の差し止めを求めた欧州委員会の訴えを認めた格好だ。

この森はポーランド東部のベラルーシとの国境にまたがり、野生のヨーロッパバイソンなど59種の哺乳類や250種を超える鳥類が生息。太古の森が残っているとして国連教育科学文化機関(ユネスコ)の世界遺産にも登録されている。

しかしポーランドのシシュコ環境相は、キクイムシの被害を食い止めるため、年内に100万本以上の樹木の伐採が必要と主張。与党・法と正義(PiS)は伐採量の上限を3倍に引き上げ、ユネスコや環境保護団体の批判を招いていた。

この問題でポーランド政府の正式な敗訴が確定した場合、400万ユーロを超える罰金に加え、裁判所の命令に従うまでの間、毎日最大30万ユーロの制裁金が科される可能性もある。[EU規制]


関連国・地域: EUポーランド
関連業種: 農林・水産マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

原子力機構、ポーランドでガス炉研究に協力(12/01)

欧州議会、露を「テロ支援国家」に認定(11/25)

ポーランド4行、不正への不適切対応で訴追(11/24)

化学エゲ・キムヤ、ポーランドに製塩工場(11/24)

中国・吉利、ポーランド国産EVに技術提供(11/21)

ポーランド東部にミサイル着弾、2人死亡(11/17)

PKNオーレン、独でEV充電網拡充へ(11/17)

ポーランド、ガスプロムの保有株を強制管理(11/16)

エネルギー憲章条約脱退へ 独連立3党が合意=仏などに追随(11/15)

<編集長's View>欧州で原発再興、日本の教訓かすむ エネルギー高騰、相次ぐ方針転換(11/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン