• 印刷する

独北部のスーパーでナイフ男が襲撃、1人死亡

独北部ハンブルクのスーパーで28日午後3時過ぎ(現地時間)、ナイフを持った男が買い物客を襲い、1人が死亡、少なくとも6人が重軽傷を負った。容疑者は間もなく逮捕された。AFP通信などが伝えた。

事件が起きたのは、同市のバーンベック地区にあるスーパー。男は店に入ると、買い物中の客をいきなりナイフで襲い始めた。男は犯行後に逃走したが、目撃者が追跡して取り押さえ、駆け付けた警察官が逮捕した。

当局によると、容疑者はアラブ首長国連邦(UAE)出身の26歳の男で、先に難民申請を拒否されていた。当局はこの男がイスラム過激派と関わりがあり、精神上問題を抱えていたことを把握していた。テロの可能性を含め、動機は不明としている。事件の目撃者の1人は、男が犯行の際、「アラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫んでいたと話している。

ドイツでは昨年12月、難民申請を拒否されたチュニジア人の男がクリスマスの買い物客でにぎわうベルリンの屋外市場に大型トラックで突っ込み、12人が死亡、約50人が重軽傷を負う事件が発生。当局はその後、テロへの警戒を強めている。

■南西部のナイトクラブで銃乱射

南部コンスタンツ(Konstanz)のナイトクラブで30日午前4時半ごろ(現地時間)、男が銃を乱射し、1人が死亡、3人が重傷を負った。駆け付けた警官との銃撃戦で負傷した男は、搬送先の病院で死亡した。

当局によると、男はイラク国籍を持つ34歳で難民申請はしていなかった。単独犯で、テロの可能性は否定している。目撃者情報では、事件当時の現場は100人超の客でにぎわっていた。


関連国・地域: ドイツアフリカ
関連業種: 食品・飲料小売り・卸売り社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

BMW、ブレグジット後に英工場の生産休止(09/20)

テスコ、格安形態の店舗開業 国産食品主力で独同業に対抗(09/20)

日立、伊子会社生産の新型通勤車両を披露(09/20)

シュコダ、EVと自動運転に20億ユーロ投資(09/20)

欧州新車登録、31.2%増加 WLTP適用前モデルの値引きで(09/20)

ダイムラー、電気バスの米プロテラに投資(09/20)

政府、連邦憲法擁護庁の長官を更迭(09/20)

VWの商用車部門、中国重型汽車と新合弁(09/20)

自動車照明ヘラー、リトアニアで新工場開設(09/20)

物流DHL、インドネに新たなサービス拠点(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン