• 印刷する

フランス、観光ビザを48時間で発給=10カ国対象

フランス政府は、ロシアやインドなど10カ国を対象に、観光ビザ(査証)発給にかかる時間を48時間に短縮すると発表した。観光業の発展を促進する狙い。

新たな対象国のうち、ロシア、インド、タイ、フィリピン、カンボジア、ラオス、ミャンマー、インドネシアの8カ国は11月1日から発給時間が短縮される。これまではピーク時に最大10日ほど要していた。サウジアラビア、ベトナムの2カ国も2018年6月30日までに対象となる予定だ。

フランスの今年の外国人観光客数は8,900万人に上り、相次ぐテロの影響で低迷した2016年の8,300万人から回復する見通し。観光業は同国の国内総生産(GDP)の8%を占め、直接・間接的に200万人の雇用を支えている。ただ、支出額は約400億ユーロと他国に比べて低い。仏政府は2020年までに外国人観光客数を1億人に、観光収入を500億ユーロにそれぞれ引き上げる目標を掲げる。

仏政府は併せて、2018年1月から空港での入国審査の待ち時間を欧州連合(EU)市民は最大30分、非EU市民は45分に抑える施策なども打ち出している。


関連国・地域: フランスEUロシアアジア中東
関連業種: 運輸小売り・卸売り観光マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

トタル、独製油所で生産調整=露産原油問題(05/23)

OECD、ユーロ圏の成長見通し引き上げ(05/23)

チェコの乗用車生産、1~4月は1.1%減少(05/23)

B・スチールが清算手続きに 政府との融資交渉が失敗(05/23)

ルノー韓国合弁、労組が労使暫定合意を否決(05/23)

独で連銀総裁をECB次期総裁に推す動き(05/23)

ルイヴィトン、シドニーに豪初のVIP店(05/23)

仏アムンディ、独DWSとの事業統合を検討(05/22)

外資4行、チェコの国家開発基金に拠出へ(05/22)

アルストム、水素燃料電池列車を受注(05/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン