• 印刷する

航空IAG、上半期は37.3%増益 ITシステム障害発生もBAが寄与

英航空大手ブリティッシュ・エアウェイズ(BA)とスペインのイベリア航空を運営するインターナショナル・エアラインズ・グループ(IAG)は28日、上半期(1〜6月)の営業利益(特別損益除く)が9億7,500万ユーロとなり、前年同期比37.3%増加したと発表した。為替差益が寄与したほか、5月に大きなIT(情報技術)システム障害が発生したものの、BAなどが好調だった。

売上高は0.9%増の108億8,800万ユーロ。うち旅客収入は95億7,500万ユーロと0.4%伸びている。座席キロ当たり収入は2.6%減った。乗客輸送実績は有償旅客キロ(RPK)換算で4.3%拡大。搭乗率は80.9%と1年前から0.9ポイント上昇した。特別損益を除く純利益は28.6%増の6億2,900万ユーロだった。

第2四半期に限ると、特別損益を除く営業利益は8億500万ユーロと前年同期比45%拡大。売上高は59億5,400万ユーロで4.3%増えた。

ウィリー・ウォルシュ最高経営責任者(CEO)は第2四半期の結果について、イースター休暇が4月にあったことが寄与したと指摘。先にBAで発生したITシステム障害の損失額は、6,500万ユーロに上ると説明した。

3月に立ち上げた長距離路線の格安航空ブランド「レベル(LEVEL)」は、6月にバルセロナ発の長距離便4路線を就航。予想を上回る売り上げを計上していると喜びを表した。IAGは通年について、営業利益が2桁台の伸びを示すと見込んでいる。


関連国・地域: 英国スペイン
関連業種: 運輸IT・通信観光マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

<ブレグジットと欧州の行方>第14回 パーフェクトストームに突入か・瓦解し始めた英自動車産業(02/22)

英・EU首脳が見直し協議 離脱協定で「建設的な話し合い」(02/22)

通信テレフォニカ、第4四半期は12%減益(02/22)

VW、米の輸入関税でコスト数十億ユーロ増(02/22)

金融バークレイズ、通期は1%減益(02/22)

財政収支、1月は過去最高の黒字(02/22)

アグテックのインセクト、1.2億ドル超調達(02/22)

ガス・電力セントリカ、通期は12%増益(02/22)

JDスポーツ、フットアサイラムに追加出資(02/22)

シェル、オマーンとガス開発で暫定合意(02/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン