• 印刷する

バルセロナの駅で列車衝突、54人負傷

スペインのバルセロナ中心部にあるフランサ駅で28日午前7時15分ごろ(現地時間)、列車がプラットフォームの車止めに衝突する事故が起き、54人が負傷した。うち1人が重傷。事故原因は不明だが、列車は駅に到着した際、ブレーキをかけた様子がなかったという。BBC電子版などが伝えた。

衝突した列車は、バルセロナから南西に約60キロメートル離れた海沿いの村サン・ビセンス・ダ・カルデルス(Sant Vicenc de Calders)からの通勤列車。フランサ駅は、バルセロナでは2番目に中・長距離列車の発着本数が多い。事故当時は朝の通勤ラッシュだった。

負傷者のうち18人が病院に搬送された。その他のけが人は駆け付けた救急隊員によってプラットフォームで手当てを受けた。事故を起こした列車の運転手も負傷しており、ショック状態にあるという。


関連国・地域: スペイン
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

西製造業受注、7月は0.8%減少(09/24)

自動車VW、イラン撤退報道を否定(09/24)

カイシャバンク、レプソルの株式9.4%売却(09/24)

サンタンデールUK、一部資産を本体に移管(09/21)

欧州新車登録、31.2%増加 WLTP適用前モデルの値引きで(09/20)

ユーロ圏建設業生産、7月は0.3%増加(09/20)

石油セプサ、年内に上場=25%株超を放出(09/19)

UBS、フランクフルトを欧州事業の本拠に(09/18)

ユーロ圏求人率、第2四半期は2.1%で横ばい(09/18)

墺伊内相、救助船上での難民申請処理を提案(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン