• 印刷する

バルセロナの駅で列車衝突、54人負傷

スペインのバルセロナ中心部にあるフランサ駅で28日午前7時15分ごろ(現地時間)、列車がプラットフォームの車止めに衝突する事故が起き、54人が負傷した。うち1人が重傷。事故原因は不明だが、列車は駅に到着した際、ブレーキをかけた様子がなかったという。BBC電子版などが伝えた。

衝突した列車は、バルセロナから南西に約60キロメートル離れた海沿いの村サン・ビセンス・ダ・カルデルス(Sant Vicenc de Calders)からの通勤列車。フランサ駅は、バルセロナでは2番目に中・長距離列車の発着本数が多い。事故当時は朝の通勤ラッシュだった。

負傷者のうち18人が病院に搬送された。その他のけが人は駆け付けた救急隊員によってプラットフォームで手当てを受けた。事故を起こした列車の運転手も負傷しており、ショック状態にあるという。


関連国・地域: スペイン
関連業種: 運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ドイツで5G通信網の入札開始(03/20)

PGE、バルト海での風力発電計画に着手(03/19)

ユーロ圏貿易収支、1月は黒字縮小(03/19)

JDスポーツ、フットアサイラムに買収提案(03/19)

VWの世界販売、2月は1.8%減少(03/18)

欧州新車登録、2月は1%減少(03/18)

ペルノ・リカール、ワイン部門の売却検討か(03/15)

電力RWE、通期は28.4%減益(03/15)

EDP、イベリア半島の資産を売却へ(03/14)

インディテックス、通期は2%増益(03/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン