バルセロナの駅で列車衝突、54人負傷

スペインのバルセロナ中心部にあるフランサ駅で28日午前7時15分ごろ(現地時間)、列車がプラットフォームの車止めに衝突する事故が起き、54人が負傷した。うち1人が重傷。事故原因は不明だが、列車は駅に到着した際、ブレーキをかけた様子がなかったという。BBC電子版などが伝えた。

衝突した列車は、バルセロナから南西に約60キロメートル離れた海沿いの村サン・ビセンス・ダ・カルデルス(Sant Vicenc de Calders)からの通勤列車。フランサ駅は、バルセロナでは2番目に中・長距離列車の発着本数が多い。事故当時は朝の通勤ラッシュだった。

負傷者のうち18人が病院に搬送された。その他のけが人は駆け付けた救急隊員によってプラットフォームで手当てを受けた。事故を起こした列車の運転手も負傷しており、ショック状態にあるという。


関連国・地域: スペイン
関連業種: 運輸・倉庫社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

スペイン、今年の財政赤字目標を引き上げ(07/16)

欧州委、ライアンエアーのラウダ買収を承認(07/16)

イベルドローラ、新興企業への投資が効果(07/16)

石油セプサ、UAEのムバダラが株式売却も(07/16)

ライアンエアー、愛でパイロットが追加スト(07/16)

シュツットガルト市、来年から旧式車禁止(07/13)

西最高裁、プチデモン氏らの議員資格停止(07/13)

シーメンスガメサ、南アで風力タービン受注(07/13)

ユーロ圏成長予測を下方修正 欧州委の夏季経済見通し(07/13)

NATO首脳会議、防衛費などが焦点に(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン