仏南東部で森林火災、休暇の旅行客らに影響

フランス南東部で24日に発生した森林火災は、27日までにおおむね沈静化した。高温や空気の乾燥、強風が影響して被害が拡大。休暇を過ごす旅行客や地元民ら1万人超がキャンプ場などから避難する事態に発展していた。AFP通信などが伝えた。

火災は南部ボルムレミモザ(Bormes les Mimosas)など地中海沿岸や山岳地内部、コルシカ島など7,000ヘクタール以上に及び、27日までに消防士や地域保安局員など6,000人以上が出動。消火用航空機19機を導入して消火に当たった。フランス政府は欧州連合(EU)に支援を要請し、イタリアが消火用航空機2機を提供している。

フィリップ首相は26日、コロン内相と共に現地入りし、上空からの視察を行った。

南東部プロバンス・アルプ・コートダジュール地域圏は夏季に多くの観光客が訪れ、人口が通常の2倍から3倍に膨れ上がる。なお当局は気候状況から、新たな火災が発生する可能性は依然としてあるとしている。[環境ニュース]


関連国・地域: フランスEUイタリア
関連業種: 観光・娯楽社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

製造業景況感、5月は横ばい(05/25)

ロシアの乗用車生産、4月は21.6%増加(05/25)

PSA、「デジタル・ファクトリー」開設(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

ユニボールの豪社買収、取引成立に青信号(05/25)

スマホの中国・小米、パリに初店舗オープン(05/25)

ウーバー、パリに「空飛ぶタクシー」研究所(05/25)

自動車部品オートディス、IPO実施を延期(05/25)

蓄電池ゾンネン、石油シェルが出資(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン