• 印刷する

仏ワイン生産量、記録的不作で17%減か

フランス農業・農産加工業・林業省は、今年のワイン生産量が推定376万2,800キロリットルとなり、前年比17%減少するとの見通しを発表した。今春に厳しい霜やひょうに見舞われた影響で、過去5年平均と比べても16%減少する見込み。同じく霜が原因で不作だった1991年よりも低水準になる恐れがあり、2017年は記録的不作の年となりそうだ。

霜による影響を最も受けた地域は、ボルドーや西部シャラント(Charente)、北東部のアルザス(Alsace)やジュラ(Jura)など。一方、ひょう被害はブルゴーニュやボジョレー、南部ラングドック(Languedoc)に及ぶ。

種類別に見ると、ブランデー「オー・ド・ヴィ」は53万6,700キロリットルと、1年前から31%落ち込む見込み。原産地呼称保護ワイン(AOP)は12%減の184万5,400キロリットル、地理的保護表示ワイン(IGP)は15%減の108万9,000キロリットルと、いずれも2桁の下落が予想されている。

なお今回の試算は速報値で、通常8~10月を予定する収穫までの天候状況により、修正される可能性がある。[環境ニュース]


関連国・地域: フランス
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

豊田通商、仏にアフリカ向け投資会社設立へ(08/23)

独仏首脳、英に代替案を要求 EU離脱協定の国境問題巡り(08/23)

8月は51.8に上昇 ユーロ圏総合PMI速報値(08/23)

R・ロイス、原子力事業売却巡り仏社と協議(08/22)

小売りカジノ、20億ユーロの資産を追加売却(08/21)

EDF、エジプトで太陽光発電所の運転開始(08/21)

ルノー、印で「トライバー」の予約開始(08/21)

ルーヴル美術館、今秋から完全予約制に(08/21)

ジョンソン首相、独仏歴訪へ G7サミット前にEU離脱で協議(08/20)

ベーカリーのポール、タイで10店舗新設へ(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン