仏ワイン生産量、記録的不作で17%減か

フランス農業・農産加工業・林業省は、今年のワイン生産量が推定376万2,800キロリットルとなり、前年比17%減少するとの見通しを発表した。今春に厳しい霜やひょうに見舞われた影響で、過去5年平均と比べても16%減少する見込み。同じく霜が原因で不作だった1991年よりも低水準になる恐れがあり、2017年は記録的不作の年となりそうだ。

霜による影響を最も受けた地域は、ボルドーや西部シャラント(Charente)、北東部のアルザス(Alsace)やジュラ(Jura)など。一方、ひょう被害はブルゴーニュやボジョレー、南部ラングドック(Languedoc)に及ぶ。

種類別に見ると、ブランデー「オー・ド・ヴィ」は53万6,700キロリットルと、1年前から31%落ち込む見込み。原産地呼称保護ワイン(AOP)は12%減の184万5,400キロリットル、地理的保護表示ワイン(IGP)は15%減の108万9,000キロリットルと、いずれも2桁の下落が予想されている。

なお今回の試算は速報値で、通常8~10月を予定する収穫までの天候状況により、修正される可能性がある。[環境ニュース]


関連国・地域: フランス
関連業種: 経済一般・統計食品・飲料農林・水産社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

製造業景況感、5月は横ばい(05/25)

PSA、「デジタル・ファクトリー」開設(05/25)

ロシアの乗用車生産、4月は21.6%増加(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

ユニボールの豪社買収、取引成立に青信号(05/25)

スマホの中国・小米、パリに初店舗オープン(05/25)

ウーバー、パリに「空飛ぶタクシー」研究所(05/25)

自動車部品オートディス、IPO実施を延期(05/25)

蓄電池ゾンネン、石油シェルが出資(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン