セーヌ川の再開発プロジェクト、20件を選定

パリ市、北部ルーアン(Rouen)市、北西部ルアーブル(Le Havre)市が進めるセーヌ川流域の再開発計画「Reinventer La Seine」は19日、20件のプロジェクトを選定したと発表した。3都市のセーヌ川沿いで活用できる場所を改修し、賑わいを創出する。

再開発計画では2016年3月からプロジェクトを公募しており、候補地35カ所について72の計画案が寄せられた。パリ市内では、アレクサンドル3世橋にキャバレーが建設されるほか、19区のカナル・ド・ルルク(L'Ourq)沿いの倉庫施設が、野菜や果物の生産も行うレストランやバーへと改修される予定。

イダルゴ市長は「斬新なプロジェクトは新たなサービスをもたらす」と期待感を表した。なおパリでは2014年から、同市の再開発プロジェクト「Reinventer.paris」も進められている。


関連国・地域: フランス
関連業種: 食品・飲料農林・水産建設・不動産観光・娯楽社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

海運マースク、赤字拡大 CEOがイラン事業撤退に言及(05/18)

オカド、米クローガーと提携 食品配達向け技術提供=米国進出(05/18)

日本電産、PSAとのモーター合弁設立完了(05/18)

欧州新車登録、4月は9.6%増加(05/18)

複合企業ブイグ、第1四半期は黒字に復帰(05/18)

ミシュランガイド、タイ版の第2弾発行へ(05/18)

EU、米鉄鋼関税除外なら自動車市場開放も(05/18)

家電量販セコノミー、第2四半期は黒字復帰(05/18)

ユーロ圏建設業生産、3月は0.3%減少(05/18)

重電アルストム、64%増益 鉄道車両事業など好調(05/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン