• 印刷する

エールフランス、新会社の名称は「Joon」

仏蘭資本の航空大手エールフランスKLMは20日、エールフランス傘下に立ち上げる低料金の新会社の名称を「Joon」とすることを明らかにした。10月29日にパリ・シャルルドゴール空港発の中距離路線を就航し、2018年夏には長距離便も始動する。

新会社は、インターネットに慣れ親しんだライフスタイルを送るミレニアル世代を顧客層の中心に据える。エールフランスを補完する姉妹会社と位置付けられ、単なる格安航空ではなく、エールフランスで培った経験に基づく独自のサービスや製品を提供する。客室乗務員の制服は、従来の格式ばったものではなく、ミニマリストを意識した現代的な要素を取り込む。

最高経営責任者(CEO)にはジャンミシェル・マチュー氏(48)が就任する。就航先や価格などの詳細は9月に公表する。

エールフランスKLMは昨年11月、パリをハブ(運航拠点)に低料金の中長距離便を運航する新会社を立ち上げると発表。エールフランスのパイロットが乗務する一方、客室乗務員や地上職員の一部は外部委託する方針。パイロット労組は当初、給与水準が下がることを懸念し、計画に懐疑的な姿勢を示していたが、現行の労働条件や賃金水準を維持することを条件に計画を承認した。

エールフランスKLMは現在、エールフランスとKLMに加えて格安航空の「HOP!」とトランサビア(Transavia、オランダ)を抱える。[労務]

「Joon」の従業員のイメージ図(エールフランス提供)

「Joon」の従業員のイメージ図(エールフランス提供)


関連国・地域: フランスオランダ
関連業種: 運輸雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

ケリング、伊北部に国際物流拠点を新設(04/09)

仏貿易収支、2月は赤字拡大(04/09)

アルストム、フランス国鉄から水素列車受注(04/09)

伊・西、英製ワクチン投与を60歳以上に制限(04/09)

EU各国、英国製ワクチン対応で合意至らず(04/09)

スエズ、オーストラリア事業売却で合意(04/08)

通信イリアド、伊ウニエウロの筆頭株主に(04/08)

露VTB、独で証券取引アプリ提供を計画(04/08)

サンゴバン、ルーマニアで生産ライン増設(04/07)

欧州委、仏政府のエールフランス支援承認(04/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン