• 印刷する

ポーランド航空、ブダペスト―米国便を就航

国営ポーランド航空(LOT)は、2018年5月にブダペストからニューヨークとシカゴへの直行便を就航する計画だ。ラファウ・ミルチャルスキ社長兼最高経営責任者(CEO)の話として、ハンガリー通信などが伝えた。

ニューヨークのJFK国際空港に月、木、金、日曜日の週4便、シカゴのオヘア空港に火、土曜日の週2便をそれぞれ飛ばす予定。両路線とも米ボーイングの中型ジェット旅客機「787-8ドリームライナー」を用いる計画だ。

なおLOTは昨年、エストニア国営のノルディカ航空の子会社リージョナル・ジェットの株式49%取得。同国でのシェアを急速に伸ばしている。地元経済紙プルス・ビジネスが非公式データを元に伝えたところによると、LOTのシェアは今年に入り2%から22%に拡大。同社の短・長距離路線へのアクセスが容易になったこともあり、タリンの空港では1~5月の利用者数が1年前から16%増えている。[M&A]


関連国・地域: ポーランドエストニア米国
関連業種: 金融運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ポーランド政府、脱石炭化で労組と合意間近(09/25)

ポーランド小売売上高、8月は0.5%増加(09/22)

イリアド、ポーランドの携帯プレイにTOB(09/22)

ポーランド、早期総選挙か少数政権も(09/21)

ベラルーシ大統領、隣国との国境を閉鎖(09/21)

PKPカーゴ、リトアニア同業と合弁設立(09/21)

ポーランド鉱工業生産、8月は1.5%増加(09/21)

政府のコロナ対応、独とオランダで高評価(09/18)

ポーランド、最低賃金を7.7%引き上げへ(09/17)

競争当局、枕木のカルテルで6社に罰金(09/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン