• 印刷する

ポーランド航空、ブダペスト―米国便を就航

国営ポーランド航空(LOT)は、2018年5月にブダペストからニューヨークとシカゴへの直行便を就航する計画だ。ラファウ・ミルチャルスキ社長兼最高経営責任者(CEO)の話として、ハンガリー通信などが伝えた。

ニューヨークのJFK国際空港に月、木、金、日曜日の週4便、シカゴのオヘア空港に火、土曜日の週2便をそれぞれ飛ばす予定。両路線とも米ボーイングの中型ジェット旅客機「787-8ドリームライナー」を用いる計画だ。

なおLOTは昨年、エストニア国営のノルディカ航空の子会社リージョナル・ジェットの株式49%取得。同国でのシェアを急速に伸ばしている。地元経済紙プルス・ビジネスが非公式データを元に伝えたところによると、LOTのシェアは今年に入り2%から22%に拡大。同社の短・長距離路線へのアクセスが容易になったこともあり、タリンの空港では1~5月の利用者数が1年前から16%増えている。[M&A]


関連国・地域: ポーランドエストニア米国
関連業種: 金融運輸マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ポーランド、EV開発支援に30億ユーロ(12/12)

米金属部品タワー、欧州事業をFSDに売却(12/12)

ポーランドの貿易収支、1~10月は赤字転落(12/12)

ロトス、初の水素燃料スタンド開設へ(12/12)

物流パレットウェイズ、ハンガリー進出(12/11)

ラトビア議会、国連移民協定への参加を否決(12/10)

PGNiG、UAEで探査・採掘権益を取得(12/10)

ポーランド新車登録台数、11月は2.1%増加(12/07)

ブルガリア、国連の移民協定不参加へ(12/06)

農機ウルスス、事業再建でCEOが辞任(12/05)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン