• 印刷する

ローマ、夜間の路上飲酒を禁止

ローマ市で8日、夜間の路上飲酒を禁止する新たな規制が施行された。当局は市内に警告を4カ国語で表示。導入初日には、500件超の検閲が行われ、違反者37人に罰金が科された。ザ・ローカルが10日伝えた。

新規制の導入を進めたビルジニア・ラッジ市長は「ローマの夏の夜を、アルコールの過剰摂取に伴う事件で台無しにすべきでない」と説明。ローマ市ではかねて、夜間の路上飲酒が制限されていたが、新たな規制では、市内15地区中、北西部のオッタビア(Ottavia)を除く14地区が対象となるほか、対象時間が午後10時から午前7時までに延長されるなど、より厳しい内容となっている。

なお、午前0時前はガラス容器以外のアルコール飲料は許容されるものの、午前0時以降はいかなる形状のアルコール飲料も禁止となる。また、午後10時以降は、スーパーや小売店などにおけるアルコール飲料の販売が禁止されるほか、午前2時以降は飲食店やナイトクラブでのアルコール飲料の販売も不可能となる。罰金は、個人の場合150ユーロ。対象時間にアルコール飲料を販売した事業者の場合は280ユーロに跳ね上がる。

なお、今回の規制を巡っては、事業主や市民から、飲酒の自由を奪うものとして批判が高まっている。また、ラッジ市長が住むオッタビア地区のみが対象外とされたことを非難する声も上がっている。


関連国・地域: イタリア
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

伊連立政権、道路運営権巡り合意形成目指す(07/10)

伊政府、AGCのバイオ技術社買収に介入も(07/09)

ユーロ圏経済、8.7%縮小も 仏伊スペインで2桁の落ち込み(07/09)

欧州委、FCAとPSAの合併調査を延長(07/09)

欧州委、10カ国に旅行者の権利保護を要求(07/07)

FCA、仏PSAとの合併条件「変更なし」(07/06)

イタリア新車登録台数、6月は23.1%減少(07/03)

イタリア失業率、5月は7.8%に悪化(07/03)

エニ、エジプト沖でガス鉱床発見(07/03)

ナポリで10億ユーロ相当の覚醒剤押収(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン