ローマ、夜間の路上飲酒を禁止

ローマ市で8日、夜間の路上飲酒を禁止する新たな規制が施行された。当局は市内に警告を4カ国語で表示。導入初日には、500件超の検閲が行われ、違反者37人に罰金が科された。ザ・ローカルが10日伝えた。

新規制の導入を進めたビルジニア・ラッジ市長は「ローマの夏の夜を、アルコールの過剰摂取に伴う事件で台無しにすべきでない」と説明。ローマ市ではかねて、夜間の路上飲酒が制限されていたが、新たな規制では、市内15地区中、北西部のオッタビア(Ottavia)を除く14地区が対象となるほか、対象時間が午後10時から午前7時までに延長されるなど、より厳しい内容となっている。

なお、午前0時前はガラス容器以外のアルコール飲料は許容されるものの、午前0時以降はいかなる形状のアルコール飲料も禁止となる。また、午後10時以降は、スーパーや小売店などにおけるアルコール飲料の販売が禁止されるほか、午前2時以降は飲食店やナイトクラブでのアルコール飲料の販売も不可能となる。罰金は、個人の場合150ユーロ。対象時間にアルコール飲料を販売した事業者の場合は280ユーロに跳ね上がる。

なお、今回の規制を巡っては、事業主や市民から、飲酒の自由を奪うものとして批判が高まっている。また、ラッジ市長が住むオッタビア地区のみが対象外とされたことを非難する声も上がっている。


関連国・地域: イタリア
関連業種: 食品・飲料社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

ルノー、上半期の記録更新 露・南米が回復=世界販売台数(07/17)

伊政府、500億ユーロの追加投資計画を提案(07/17)

伊下院、元国会議員の年金削減案を可決(07/17)

ライアンエアー、愛でパイロットが追加スト(07/16)

仏自動車部品ノバレス、セルビア工場拡張へ(07/13)

ユーロ圏成長予測を下方修正 欧州委の夏季経済見通し(07/13)

【ウイークリー統計】第15回 旅行しない理由と人気旅行先(07/12)

エニとエネル、太陽光発電RTRの買収を断念か(07/12)

ウィズエアー、ルーマニアから7路線就航(07/12)

EUの人口、5億1300万人に拡大(07/12)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン