欧州司法裁、航空会社のキャンセル料認めず

欧州司法裁判所は6日、航空会社は乗客にキャンセル料を課すことはできないとする判断を下した。併せて、消費者に転嫁する諸税や空港使用料などを個々に明示することで、航空料金の透明性を高める必要があるとの見解を示している。

今回の訴訟は、独2位の航空会社エアベルリンがエコノミー席の予約を取り消したり、予約便に搭乗しなかった乗客への返金時に徴収している25ユーロの手数料をめぐるもの。ドイツの消費者団体VZBVが、国内法に照らして無効との見方から独連邦裁判所に提訴し、後に欧州司法裁に判断が付託されていた。

VZBVはエアベルリンのウェブサイトに料金の正確な内訳が示されていなかったり、同社が開示する諸費用が実際の額と大きく異なるケースがある点も問題視していた。

VZBVは欧州司法裁の今回の判断を歓迎し、「キャンセル時の返金がより円滑になることを期待する」とコメントしている。[EU規制]


関連国・地域: ドイツEU
関連業種: 運輸・倉庫政治

その他記事

すべての文頭を開く

ギリシャ、金融支援脱却後の成長計画を発表(05/25)

ガスプロム、罰金回避へ EU競争法違反巡る問題に決着(05/25)

MKB銀行、最大30%株を上場へ(05/25)

EU離脱後の通関費用、年間200億ポンドも(05/25)

独GDP成長率、改定値も0.3%(05/25)

<連載コラム・欧州経済の潮流を読む>第3回 進むユーロ安の背景(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

競争力ランキング、欧州首位はオランダ(05/25)

ディーゼル車規制、ハンブルクで31日から(05/25)

伊大統領、首相候補のコンテ氏を承認(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン