欧州司法裁「パイロットの年齢制限は合法」

欧州司法裁判所は5日、民間航空機のパイロットの上限年齢を65歳とする欧州連合(EU)の法律を有効とする判断を下した。安全上の理由から、年齢制限は正当化されるとしている。

今回争われたのは、2013年に独ルフトハンザ航空から65歳で契約を解除され、退職を強要された元機長兼指導教官のケース。EUの該当法は年齢による待遇差別に当たるとして、ドイツの連邦労働裁判所に提訴したが、後に欧州司法裁に判断が付託されていた。

同裁は、「航空機のパイロットという職業に不可欠な肉体的能力が、年齢と共に低下することは否定できない」と指摘。これに関連した事故は年齢制限により防げるとして元機長の訴えを退けた。

EUの年齢規定は旅客機や貨物・郵便輸送機のパイロットが対象。乗客や荷物を運ばない回送便の操縦や教官としての乗務には適用されない。[EU規制][労務]


関連国・地域: ドイツEU
関連業種: 運輸・倉庫社会・事件雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

スペイン、今年の財政赤字目標を引き上げ(07/16)

トランプ米大統領が訪英 メイ首相、FTA締結に向け合意(07/16)

【今週の主な予定】7月16~20日(07/16)

ポーランド政府、最高裁長官の任命を迅速化(07/16)

リンデとプラクスエア、米資産売却で協議(07/16)

貿易収支、5月は赤字縮小(07/16)

欧州委、ライアンエアーのラウダ買収を承認(07/16)

ライアンエアー、愛でパイロットが追加スト(07/16)

EU、台湾社の黄斑変性症治療薬を認定(07/16)

【欧州環境トピックス】第186回 6月16日~30日(1)(07/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン