トランプ米大統領がポーランド訪問

米国のトランプ大統領が5日夜から2日間の予定でポーランドを訪問する。7日からドイツのハンブルクで開かれる20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)の前に立ち寄る格好。ワルシャワ・ビジネス・ジャーナルなどが4日伝えた。

それによると、トランプ米大統領はポーランドのドゥダ大統領と会談するほか、中東欧の旧共産圏12カ国の首脳会議に参加する予定。また、ポーランドがナチス・ドイツ占領下にあった1944年に起こったワルシャワ蜂起の記念碑が建立されているクラシンスキ(Krasinskich)広場で公開演説を行う。ポーランドの与党・法と正義(PiS)のカチンスキ党首は、今回の訪問について「英国を初めとする欧州諸国がうらやむだろう」と話している。

トランプ米大統領がポーランドへの公式訪問を決めた背景には、同国政府が米国と同様、自国第一主義を掲げていることがあるとみられる。また、北大西洋条約機構(NATO)が加盟国に求めている対国内総生産(GDP)比2%の防衛費拠出を満たしているポーランドを賛え、欧州連合(EU)をけん制する思惑もあるとされる。

なお、ドイツではG20の会期中に、トランプ米大統領に対する抗議デモの参加者が最大10万人に上ると予想。また、同大統領の英国訪問が実現する際には、ロンドンでも大規模なデモが発生するとみられている。


関連国・地域: 英国ドイツEUポーランド米国
関連業種: 社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

ポーランド平均賃金、6月は7.5%上昇(07/18)

アークレイ、露工場で尿検査装置の生産開始(07/18)

ポーランド政府、最高裁長官の任命を迅速化(07/16)

日立キャピタル、自動車リース2社を統合(07/16)

ポーランドの失業率、6月は5.9%に改善(07/13)

データ技術デュコ、国内外3カ所に拠点開設(07/13)

ベルリンとウィーン結ぶ夜行列車が復活へ(07/12)

西バルカンサミットが開催 経済や安全保障の協力強化で合意(07/11)

自動車照明ヘラー、卸売事業の一部を売却(07/10)

ポーランド新車登録台数、6月は10%増加(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン