• 印刷する

ドイツで極右の暴力犯罪が増加傾向に

ドイツで極右による暴力犯罪が増加し続けている。2016年は1,600件が摘発され、前年比で14%増加。大量流入に端を発する反移民感情を反映しているものとみられる。連邦憲法擁護庁(BfV)が最新レポートで明らかにした。

それによると、極右政党や組織の加入者および支持者は昨年に2万3,100人となった。そのうち当局が暴力行為を行う「予備軍」とみなしている人数は1万2,100人と、前年比2.5%増え、全体の半数を超えている。

また、極右勢力による難民宿泊施設を狙った事件の数は、2016年は907件で1年前の894件とほぼ同水準。そのうち153件が暴力事件だった。放火件数は2015年の75件からわずかに減少して2016年は65件だった。BfVは、こうした襲撃事件の大半は建物自体を狙ったもので、そこに住むイスラム系住人を標的としたものではないとしているが、多くの場合が放火時に中に人がいて負傷している。

一方で、イスラム系難民の増加によりテロ攻撃の脅威も高まっている。ドイツ国内の「サラフィスト」と呼ばれるイスラム過激派の数は1万100人と、前年の8,350人から増加。そのうち過去最多の680人が当局によって危険人物として指定されている。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

独、男女平等に向けた国家戦略を閣議決定(07/10)

ダイムラーCEO、コスト削減規模を拡大へ(07/10)

DHL、従業員50万人にボーナス300ユーロ(07/10)

BMW、モロッコ社からコバルト調達へ(07/10)

独EV登録台数、6月は2倍超に拡大(07/10)

貿易収支、5月は黒字拡大(07/10)

インフィニオン、カルテル巡る罰金減額(07/10)

VW、スロバキアで5億ユーロ投資へ(07/09)

ワイヤーカード、事業買収に百社以上が関心(07/09)

ドイツ銀、米富豪との関係巡り当局が罰金(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン