ドイツで極右の暴力犯罪が増加傾向に

ドイツで極右による暴力犯罪が増加し続けている。2016年は1,600件が摘発され、前年比で14%増加。大量流入に端を発する反移民感情を反映しているものとみられる。連邦憲法擁護庁(BfV)が最新レポートで明らかにした。

それによると、極右政党や組織の加入者および支持者は昨年に2万3,100人となった。そのうち当局が暴力行為を行う「予備軍」とみなしている人数は1万2,100人と、前年比2.5%増え、全体の半数を超えている。

また、極右勢力による難民宿泊施設を狙った事件の数は、2016年は907件で1年前の894件とほぼ同水準。そのうち153件が暴力事件だった。放火件数は2015年の75件からわずかに減少して2016年は65件だった。BfVは、こうした襲撃事件の大半は建物自体を狙ったもので、そこに住むイスラム系住人を標的としたものではないとしているが、多くの場合が放火時に中に人がいて負傷している。

一方で、イスラム系難民の増加によりテロ攻撃の脅威も高まっている。ドイツ国内の「サラフィスト」と呼ばれるイスラム過激派の数は1万100人と、前年の8,350人から増加。そのうち過去最多の680人が当局によって危険人物として指定されている。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ルノー、上半期の記録更新 露・南米が回復=世界販売台数(07/17)

ドイツ銀、第2四半期の利益は予想以上に(07/17)

ファーンバラ航空ショー開幕 MRJはデモ飛行実施(07/17)

欧州企業もイラン制裁対象に 米国、EUの嘆願拒否=8月再開(07/17)

通信オレンジ、ベースファームを買収(07/17)

伊下院、元国会議員の年金削減案を可決(07/17)

米モルガン、鉄道車両リースのVTG買収へ(07/17)

BASF、星などで酸化防止剤の生産拡大(07/17)

コネとティッセンの株主、事業統合で協議(07/17)

シーメンス、越で太陽光発電所システム受注(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン