• 印刷する

スペイン港湾労組、労働改革法案巡るストで妥結

スペインの労働総同盟(UGT)と港湾協会(ANESCO)は6月29日、港湾労働者の雇用を保護することで合意したと発表した。同国では港湾労働改革法案が可決されて以来、1カ月弱にわたり度重なるストライキが繰り返されており、これが終結する格好だ。

両組織は今回、労働者全員の雇用を保障する代わりに、最大10%の給与削減を受け入れることで合意した。ただ、一部の海運会社はANESCOを脱退しているため、恩恵を受けられるのは港湾労働者全体の7割程度とみられる。

スペインの下院(定数350)は5月、港湾労働改革法案を174対165の僅差で可決。港湾関連法を欧州連合(EU)の法令に近付け、労働者の採用自由化にこぎつけたが、労組は強く反発していた。ストは6月5日に始まり、これまでに荷積みと荷揚げに携わる約6,000人が参加。海運会社はポルトガルやモロッコ、マルタなどでの荷揚げを余儀なくされた。政府によると、スペイン経済への損失額は1日当たり1,200万ユーロ程度に上ると見積もられている。[労務][EU規制]


関連国・地域: EUスペインポルトガルマルタアフリカ
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

カイシャバンク、国内で2千人超整理か(01/21)

中国、仏豪伊産のワイン輸入が減少(01/21)

格安航空NAS、一部運航路線から撤退(01/18)

セプサ、UAE社とイベリア半島事業で協力(01/18)

サンタンデール、本社ビルの所有権巡り敗訴(01/17)

蘭裁判所「デリバルー配達員は被用者」(01/17)

欧州新車登録、12月は8.4%減少(01/17)

プラハ空港、昨年の利用者数が過去最高更新(01/17)

スペインのインフレ率、12月は1.2%に減速(01/16)

スペイン警察、闘鶏で182人逮捕(01/16)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン