• 印刷する

議会、同性婚認める法案を可決

ドイツ連邦議会(下院)は6月30日、同性婚を合法化する法案を393対226の賛成多数で可決した。同法案を巡っては、メルケル首相が先に自由投票の実施を容認する姿勢を示したことで実現したが、同首相は反対票を投じている。BBC電子版などが伝えた。

ドイツではこれまで、同性カップルはシビル・パートナーシップ制度を通じて結婚と同様の法的地位を持っていたものの、結婚と養子縁組は認められていなかった。しかし、9月の総選挙を前に、与党第2党の社会民主党(SPD)が同性婚を支持する方針を強調。これを受け、同首相が所属政党の方針に縛られない投票を認めた格好だ。

メルケル首相は反対票を投じた理由について、「自らにとって、法の下の結婚は男女間のもの」とコメント。ただ、同性カップルが養子を育てることは容認しており、今回の可決が異なる意見の尊重や社会統合、平和につながることを期待するとした。

なお連邦反差別局(FADA)が1月に行った世論調査によると、回答者の82.6%が同性婚を支持。79.8%が異性婚と同じように養子縁組も認められるべきとしていた。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

独政府、封鎖措置の延長検討 週内の協議で最終方針決定(11/24)

ドイツ、12月にもワクチン接種を開始(11/24)

アストラゼネカのワクチン、70%の有効性(11/24)

シーメンスとドイツ鉄道、水素列車を開発へ(11/24)

BASF、バッテリー材料工場で起工式(11/24)

独電力RWE、英風力発電施設の権益売却(11/24)

11月は分岐点割れ ユーロ圏PMI速報値(11/24)

EU、年内にワクチン承認も 臨床試験で有効性90%以上の2種(11/23)

ダイムラーと吉利、HV向けエンジンで協業(11/23)

生産者物価、10月は0.7%低下(11/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン