• 印刷する

EUの輸出先の貿易障壁、昨年は10%増加

欧州委員会によると、欧州連合(EU)の対外輸出に関わる世界の貿易障壁は2016年末時点で372件に上り、1年間で10%増加した。保護主義が広がっていることがうかがえる。

EUの輸出先のうち、何らかの障壁を設けているのは50カ国余り。こうした障害は昨年には36件増えており、年間約270億ユーロ規模に上るEUの輸出に影響が及ぶ可能性がある。ただ同時に、欧州委の「市場アクセス戦略」により20件の障壁撤廃にも成功しているという。

EUにとって貿易障壁がとりわけ多いのはロシア、中国、インド、ブラジルなど。昨年にはスイス、アルジェリア、エジプトも新たな保護主義的措置を導入している。一方、韓国、中国、イスラエル、ウクライナでは多くの障壁が取り除かれた。

例えば、中国はEUの化粧品に課していたラベル表示義務を中止。韓国は自動車の座席のサイズ規定を国際的標準に合わせることで合意している。[EU規制]


関連国・地域: EUスイスロシアウクライナアジアアフリカ中南米
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

ブルガリア、運送業者待遇規制巡り法的措置(10/23)

英・EU、対面交渉を再開 最終案作成に向け25日まで集中協議(10/23)

<連載コラム・欧州M&A最前線>9月 NIGEL’S INSIGHT(10/23)

英政府、犯罪歴あるEU市民の入国規制強化(10/23)

スマホの中国・ビーボ、欧州6カ国に進出(10/23)

<連載コラム・欧州M&A最前線>9月の動き(10/23)

上院、国内市場法案に「遺憾」示す修正可決(10/22)

ギリシャ、EU・トルコ関税同盟停止を要求(10/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン