• 印刷する

伊政府、難民救助船の入港拒否も辞さず

イタリア政府は、地中海経由で流入するアフリカ難民の受け入れ問題をめぐり、他の欧州連合(EU)加盟国からさらなる協力が得られない限り、国内港から救助船を追い返すことも辞さない構えを見せている。関係者の話として、フィナンシャルタイムズなどが29日伝えた。

背景には、過去5日間で1万1,000人近い難民が到着するなど同国の負担が急速に増え続け、対応能力が限界に達していることがある。

イタリアのマッサリEU大使は欧州委員会のアブラモプロス移民・内務担当委員との会談で、「わが国が直面する問題は深刻であり、EUは背を向けてはならない」と主張。伊南部のシチリア島やカラブリア州などで外国籍の人道援助船の入港を拒否する可能性も伝えたという。

同大使は難民認定手続きの大幅な見直しをEUに正式に提起するよう伊政府から指示されたとも報じられている。[EU規制]


関連国・地域: イタリア
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

カンパリ、仏同業の買収に向け独占協議(07/23)

伊連立与党、欧州委員長人事巡り崩壊の危機(07/22)

ソラリス、伊公共交通2社から電気バス受注(07/22)

伊政府、中国社反発で介入権強化法案撤回も(07/19)

伊内相、難民救助船への政府方針を維持(07/19)

サイペム、サウジで洋上風力発電所を建設へ(07/19)

テレコムイタリア、20億ユーロの資産売却も(07/18)

アリタリア航空、救済にアトランティア参画(07/17)

HIS、リーガ・エスパニョーラと契約(07/17)

破綻の建設アスタルディ、同業サリニが買収(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン