パリの16公園、夏季のみ24時間オープン

パリでこの夏、16カ所の公園が24時間開園する。7月1日から9月3日の間、昼夜を問わずパリ市民に憩いの場を提供する。パリ市役所が26日発表した。

同市では既に137カ所の緑地が夜間もオープンしているが、この夏はこれに新たに16カ所の公園が加わる。パリ市は昨年の夏に、9カ所の公園を試験的に24時間オープンしており、今年は規模を拡大する格好だ。

市民の多くはこれを歓迎しているが、近隣住民からはごみや騒音の増加を心配する声も上がっている。14区のモンスーリ(Montsouris)公園をめぐっては、24時間開園に反対する署名活動が行われ、住民700人が署名した。ただ、パリ市は予定は変更せず、騒音防止のために定期的にこれらの公園をパトロールするほか、大型のごみ箱を設置して清掃を強化するとしている。

なお、都心の熱気を逃れてパリ脱出旅行を計画する市民は、7月29日に車で移動するのは避けた方がよさそうだ。政府の交通情報サービスによると、この日はパリから郊外に向かう全道路で深刻な渋滞が予想されている。このほか、8月5日はオーベルニュ・ローヌ・アルプ地域圏で都市部から郊外へ向かう道路が混雑し、また8月12日にも同地域圏および南部の地中海沿岸で道路が混む見通し。また、これらの地域では8月19日に郊外から都市部に向かう車で渋滞すると予想される。


関連国・地域: フランス
関連業種: 運輸・倉庫社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

製造業景況感、5月は横ばい(05/25)

PSA、「デジタル・ファクトリー」開設(05/25)

ロシアの乗用車生産、4月は21.6%増加(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

ユニボールの豪社買収、取引成立に青信号(05/25)

スマホの中国・小米、パリに初店舗オープン(05/25)

ウーバー、パリに「空飛ぶタクシー」研究所(05/25)

自動車部品オートディス、IPO実施を延期(05/25)

蓄電池ゾンネン、石油シェルが出資(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン