• 印刷する

コービン党首の支持率、初めてメイ英首相上回る

6月8日の総選挙後、最大野党・労働党のコービン党首を支持する人が増えている―――。英紙タイムズがインターネット調査会社ユーガブ(YouGov)に委託した最新調査で、こうした傾向が明らかになった。

調査は6月21~22日、英国在住の1,670人を対象に行われた。その結果、コービン党首のほうが首相にふさわしいと思うと答えた人が35%に上り、メイ首相の34%を1ポイント上回った。労働党党首への支持が保守党党首を上回ったのは過去10年間で初めて。

総選挙前の4月中旬の調査では、メイ首相の支持率が54%だったのに対し、コービン党首は15%だった。コービン党首の支持者の数は、50歳以下の各年齢層でメイ首相の支持者を上回っている。

なお、保守党が主導する、単一市場への残留よりも移民規制や主権の回復を優先する「ハード・ブレグジット」を支持する人は42%と前回から5ポイント減少。一方、人の自由な移動を受け入れ、単一市場に参加する「ソフト・ブレグジット」の支持者は58%となり、前回から5ポイント増加した。


関連国・地域: 英国EU
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

英国、全店舗の営業再開へ 6月15日から社会的距離を条件に(05/27)

ドイツ、接触制限を6月29日まで延長も(05/27)

アストンマーティン、パーマーCEOが辞任(05/27)

英マクラーレン、1200人整理=F1中止響く(05/27)

ステージコーチ、運輸省が追加支援(05/27)

首相側近が「例外」行動釈明 外出制限中に400キロ移動(05/26)

英国、6月8日から入国者の自主隔離を導入(05/26)

英政府、戦略的企業を公的資金で救済も(05/26)

小売売上高、4月は過去最大の下落幅を更新(05/26)

アストンマーティン、パーマーCEO更迭へ(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン