• 印刷する

シャンゼリゼで車が憲兵隊に突っ込む=犯人死亡

パリ中心部のシャンゼリゼ通りで19日夕(現地時間)、憲兵隊の車両に乗用車が突っ込み、運転していた男が出火により焼死した。憲兵や通行人にけが人はなかったもよう。仏紙ル・パリジャンなどが伝えた。

内務省によると、この男はパリ北郊に住む31歳で、過激思想の持ち主として当局に監視されていた。乗用車からは自動小銃や拳銃、ガスボンベが見つかった。

コロン内相は「フランスの憲兵隊が再び標的になった」と述べ、故意の攻撃だったとの見方を示した。その上で、7月15日に期限を迎える非常事態宣言を11月1日まで延長することを閣議で提案すると述べた。

シャンゼリゼでは4月にも発砲事件があり、警官1人が死亡、他に2人が負傷。事件後にはイスラム過激派組織「イスラム国(IS)」が犯行声明を出した。先には、やはりパリ中心部のノートルダム寺院前で男が警官にハンマーで襲いかかる事件が発生している。


関連国・地域: フランス
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

仏政府、医療従事者の賃上げで合意(07/15)

仏政府、中国航空会社の乗り入れを週1便に(07/15)

フランス革命記念式典、規模縮小で開催(07/15)

クラリアントなど化学3社、カルテルで罰金(07/15)

欧州委、ルクソティカ買収承認で条件提示か(07/15)

セルビアとコソボ、EU主導の交渉を再開(07/14)

アルストム、鉄道事業買収に向け工場売却(07/14)

サフラン、メキシコ北部に新工場を建設へ(07/14)

仏国務院、大気質改善の怠慢で政府に罰金へ(07/14)

アコーホテルズ、MEAで2千人整理(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン