独高速鉄道の信号設備に複数の放火=G20控え

ドイツ国内の4州で19日午前1時(現地時間)から同4時30分にかけて、高速列車インターシティーエクスプレス(ICE)の信号設備に放火する事件が立て続けに起きた。警察当局は政治的な動機による犯行とみて捜査を進めている。AFP通信などが伝えた。

警察当局によると、放火が確認されたのは北部ニーダーザクセン州とベルリン、西部ノルトライン・ウェストファーレン州、東部ザクセン州内の計12カ所。これにより、ザクセン州のライプチヒ(Leipzig )やドレスデン(Dresden)、ベルリンーチェコ・プラハ間の長距離路線が遅延するなどの影響があった。

ドイツは来月7~8日、主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)の開催を控えている。犯行の目的は現時点で不明だが、当局は「ハンブルクで開催されるG20に関連した政治的な動機は排除されない」としている。


関連国・地域: ドイツチェコ
関連業種: 運輸・倉庫社会・事件政治

その他記事

すべての文頭を開く

高級車BMW、6月の販売台数は過去最高(07/16)

イベルドローラ、新興企業への投資が効果(07/16)

欧州委、ライアンエアーのラウダ買収を承認(07/16)

リンデとプラクスエア、米資産売却で協議(07/16)

独当局、鉄鋼カルテル6社に罰金2億ユーロ(07/16)

化学ランクセス、水処理事業に複数社が関心(07/16)

星企業庁、独政府系VCと新興企業支援(07/16)

最高裁、親に亡き娘のFBアクセス権認める(07/16)

シュツットガルト市、来年から旧式車禁止(07/13)

PSAの販売台数、上半期は38.1%増加(07/13)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン