• 印刷する

EU市民の過半数がドイツに好意的

欧州連合(EU)市民の過半数がドイツに好意的――。米国のピュー研究所が15日に公表したEUに関する意識調査で、こうした傾向が明らかになった。

調査は3月2日~4月17日、EU加盟10カ国(英国、ドイツ、フランス、イタリア、スペイン、オランダ、スウェーデン、ギリシャ、ポーランド、ハンガリー)に住む約1万人を対象に行われた。この結果、ドイツ在住を除く回答者の71%がドイツに肯定的に評価するとし、否定的とする21%を大きく上回った。

国別に見ると、ドイツへの評価が最も高かったのはオランダで、93%が好意的な見方を示した。スウェーデン(90%)やフランス(82%)もドイツを高く評価している。一方、調査国の中でドイツに否定的な評価が優勢だったのは、ギリシャのみ。同国では71%がドイツを否定的に見ていることが分かった。

メルケル独首相に対する評価は、肯定的とする回答者が52%にとどまり、自国ドイツにおける評価(81%)を下回った。オランダ、スウェーデン、フランス、英国で肯定的な見方が優勢だった反面、イタリア、ハンガリー、ギリシャでは否定的が多数派となった。ポーランドでは評価が二分している。

ドイツがEUに対して持つ影響力については、ドイツ在住者以外のEU市民の49%が「大きすぎる」と回答し、「適正」(36%)と「小さすぎる」(5%)を上回った。ドイツの影響力を最も警戒しているのはギリシャで、89%が大きすぎると答えた。これに、イタリア(69%)、スペイン(68%)が続く。一方、自国ドイツではEUへの影響力は適正とする回答が60%と最も多かった。また、小さすぎる(26%)との回答が、大きすぎる(10%)を上回っている。


関連国・地域: 英国ドイツフランスEUイタリアギリシャスウェーデンスペインオランダポーランドハンガリー
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

露マグニト、競合レンタの元CEOが社長に(01/18)

シュコダ、昨年のインド市場は66.2%減益(01/18)

独ダイムラー、ポーランドにトラック子会社(01/18)

財務省、独大手2行の合併シナリオ精査か(01/18)

独シェフラー、東部でベアリング工場拡張(01/18)

小売りメトロ、第1四半期は0.6%減収(01/18)

EU、鉄鋼の輸入制限措置を正式に発動(01/18)

LEVC、アウディ元幹部を次期CEOに(01/18)

プラスチック廃棄物除去のアライアンス始動(01/18)

ドイツの武器輸出、昨年は23%減少(01/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン