• 印刷する

ドイツ人を父親と偽る難民の妊婦が増加

ドイツで難民の妊婦がドイツ人男性を父親と偽って、居住権を不正取得する行為が横行している。内務省幹部の話として、BBC電子版などが6日伝えた。

公共ラジオ局RBBによると、一部の妊婦は父親役や弁護士に不正手続きを依頼する際、5,000ユーロ程度の謝礼を支払っていたことも判明。役所での登録が完了すれば、生まれてくる子供は自動的にドイツ国籍を与えられ、母親は居住権を得ることができる。こうした不正行為はベルリンだけでも最大700件発覚しており、見過ごされたケースも少なくないとみられる。

この問題をめぐっては、憲法裁判所が2013年、子供が無国籍状態に置かれるリスクを考慮し、たとえ疑わしいケースでも追及を控えるよう勧告していた。しかし政府はあくまで不正行為を取り締まる新法を近く導入する方針。父親の偽装が判明すれば、子供の国籍を剥奪するとしている。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

シーメンス、国内で2900人整理へ(09/26)

鉱山技術オウトテック、イランから撤退へ(09/26)

EUの経済委、英拠点の投資銀への規制強化(09/26)

ライアン、伊客室乗務員と労働条件で合意(09/26)

金融界の移転先、フランクフルトが優位維持(09/26)

EU、米制裁回避の決済システム構築へ(09/26)

ソロス氏の人権財団、ハンガリーを提訴(09/26)

投資会社プライムパルス、年内に上場へ(09/26)

独連立与党、情報機関トップの処遇で合意(09/26)

仏政府、難民救助船の受け入れ拒否(09/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン