• 印刷する

ロンドンブリッジのテロ、実行犯3人の身元特定

ロンドン警視庁は6日までに、ロンドン中心部のロンドンブリッジで発生したテロ事件の実行犯3人の氏名と顔写真を公表した。いずれもロンドン東部に住んでいた。うち2人の居住地だったバーキング(Barking)では関連容疑で12人の男女が逮捕されたが、その後に全員が釈放されている。BBC電子版などが伝えた。

実行犯とされるのは、パキスタン出身のクラム・バット容疑者(27)、モロッコおよびリビアの国籍のラシード・レドゥアン容疑者(30)、モロッコ系イタリア人のユセフ・ザグバ容疑者(22)。3人はいずれも現場で射殺された。バット容疑者は、ロンドン交通局(TfL)での勤務経験があり、過去には公共放送チャンネル4のイスラム過激派を特集したドキュメンタリー番組で警察と口論する様子が映されていた。

事件は3日午後10時(現地時間)ごろに発生。白いバンがロンドンブリッジの歩道に乗り上げて歩行者を次々とはねた後、ナイフを持った犯人3人が車を降り、近くの食材市場バラ・マーケットにあるバーなどで客を刺した。7人が犠牲となり、48人が負傷した。6日午前11時、英国全土で犠牲者のために黙祷がささげられた。

英国では3月、ウェストミンスター宮殿(国会議事堂)付近でも同様のテロ事件が発生。犯人含め5人が死亡した。先にはマンチェスターのコンサート会場で自爆テロが起き、少なくとも22人が死亡し、60人近くが負傷している。


関連国・地域: 英国イタリアアジアアフリカ
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

独政府、5G網のセキュリティー厳格化も(01/21)

離脱協定の大幅変更を拒否 メイ首相、野党の要望に応じず(01/21)

エンプラス、デリパスカ氏の出資率引き下げ(01/21)

ポルトガル、空港に英国人向けの特別レーン(01/21)

仏政府、ハードブレグジット対策を発動(01/21)

小売売上高、12月は0.9%減少(01/21)

SWM、二輪車を印で値引き販売(01/21)

ソジェン、南アフリカ事業を売却(01/21)

蘭フィリップス、イングランドの工場閉鎖へ(01/21)

AFCエナジー、水素燃料のEV充電器導入(01/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン