仏でタンクローリー運転手がスト、ガソリン不足

フランスで約1,200カ所の給油所が、ガソリン不足で一時閉鎖に追い込まれている。政府に労働条件の見直しを訴える仏労働総同盟(CGT)のタンクローリー運転手が、ストを約1週間にわたり実施しているため。AFPなどが5月31日伝えた。

それによると、31日の時点で全国約1万1,000カ所にある給油所のうち、400カ所以上で完全にガソリンがなくなり、約840カ所の給油所がガソリン不足に陥った。中でもパリでの影響が深刻で、4割近くの給油所で完全あるいは部分的なガソリン不足に見舞われている。

CGTは、賃金の引き上げや健康診断の強化、クリスマスボーナスの支給、労働時間を1日当たり10時間以内に制限することなどを要求している。OGTは1年前にも、政府が強行に成立させた労働市場改革法案に反対し、製油所や燃料貯蔵庫を封鎖していた。その際は約1,600カ所の給油所が閉鎖に追い込まれている。

政府の広報官は「給油所は全て通常通り再補給されている」とコメント。フランス石油産業連盟(UFIP)は、給油所に殺到しないよう呼び掛けている。[労務]


関連国・地域: フランス
関連業種: 医療・薬品化学・石化天然資源運輸・倉庫社会・事件雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

製造業景況感、5月は横ばい(05/25)

PSA、「デジタル・ファクトリー」開設(05/25)

ロシアの乗用車生産、4月は21.6%増加(05/25)

LVMH、英ファッション検索サイトに出資(05/25)

イラン、英独仏に核合意維持の条件提示(05/25)

ユニボールの豪社買収、取引成立に青信号(05/25)

スマホの中国・小米、パリに初店舗オープン(05/25)

ウーバー、パリに「空飛ぶタクシー」研究所(05/25)

自動車部品オートディス、IPO実施を延期(05/25)

蓄電池ゾンネン、石油シェルが出資(05/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン