ベルリンの地下鉄駅に車突っ込み6人負傷

ベルリン中心部の地下鉄ベルナウアーシュトラーセ(Bernauer Strasse)駅で26日夜(現地時間)、地上の出入り口から車が構内に突っ込み、6人が負傷した。運転ミスが原因とみられている。ドイチェ・ウェレなどが伝えた。

ベルリンの警察当局によると、運転手は道路で自転車を避けようとした際に車両のコントロールが利かなくなったという。車は階段を降り切った地点で止まった。負傷者のうち3人は重傷で、残りは軽傷だった。

警察は目撃者の情報などを元に、今回の事件は過失によるもので、故意ではないとの見方を示した。地下鉄は事故後も通常通り運行が続けられたが、地上では道路の一部区間が閉鎖された。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車運輸・倉庫社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

スケルトン、タリンから独東部へ工場移転(07/20)

電力フォータム、第2四半期は29%増益(07/20)

ルクソフト、ダイムラー傘下の独同業と提携(07/20)

コンチネンタルが組織再編 パワートレイン部門を上場へ(07/20)

独のテスラ「モデルS」購入者、補助金返還(07/20)

イノジー、エーオンとRWEの資産交換に合意(07/20)

グリーナジー、蘭のバイオ燃料工場を取得(07/20)

BASF、ベルギーの3D印刷技術社に投資(07/20)

企業ソフトSAP、第2四半期は8%増益(07/20)

BMW、インドネシア工場に追加投資へ(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン