• 印刷する

ベルリンの地下鉄駅に車突っ込み6人負傷

ベルリン中心部の地下鉄ベルナウアーシュトラーセ(Bernauer Strasse)駅で26日夜(現地時間)、地上の出入り口から車が構内に突っ込み、6人が負傷した。運転ミスが原因とみられている。ドイチェ・ウェレなどが伝えた。

ベルリンの警察当局によると、運転手は道路で自転車を避けようとした際に車両のコントロールが利かなくなったという。車は階段を降り切った地点で止まった。負傷者のうち3人は重傷で、残りは軽傷だった。

警察は目撃者の情報などを元に、今回の事件は過失によるもので、故意ではないとの見方を示した。地下鉄は事故後も通常通り運行が続けられたが、地上では道路の一部区間が閉鎖された。


関連国・地域: ドイツ
関連業種: 自動車・二輪車運輸社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

独ツァイトフラハト、ブルーエア株10%取得(02/15)

欧州委、補聴器2社の合併を承認(02/15)

エアバス、A380生産終了へ エミレーツの発注取り消しで(02/15)

<連載コラム・環境フォーカス>第31回 循環型経済で世界主導目指すEU(02/15)

ベルギーの優遇税制巡り欧州委が敗訴(02/15)

コメルツ銀行、通期は7倍弱に増益(02/15)

ドイツ銀、大株主が米投資銀事業の縮小要求(02/15)

ユーロ圏成長率、0.2%を維持 ドイツは景気後退入りを免れ(02/15)

VWとフォード、自動運転の提携巡り対立か(02/15)

フィアットとPSA、小型商用車の合弁延長(02/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン