• 印刷する

イタリア、1セントと2セント硬貨の鋳造中止へ

イタリアで2018年から1セント硬貨と2セント硬貨の鋳造が中止される見通しだ。与党・民主党が先に法案を提出し、既に委員会での賛成を得ている。ドイチェ・ウェレが29日伝えた。

これによりイタリアでの物価の最小単位は5セントになる見込み。イタリアでは1、2セント硬貨は自動販売機や駐車料金メーターなどで利用できず、使われることはほとんどないという。鋳造には1セント硬貨1枚あたり4.2セント、2セント硬貨は5.2セントのコストがかかっており、鋳造を中止した場合、年間の節約額は20万ユーロに上る。

こうした動きは他の欧州連合(EU)加盟国でも起こっている。ドイツでは可決こそされなかったものの、過去には1、2セント硬貨の廃止法案が提出された。ベルギー、フィンランド、オランダおよびアイルランドではほとんどの物価が5セント単位で設定されている。

欧州委員会が2013年に発表した報告書によると、1、2セント硬貨が導入されて以降の実際の貨幣価値と鋳造コストの差額は総額14億ユーロ以上に上るという。


関連国・地域: ドイツEUベルギーアイルランドイタリアフィンランドオランダ
関連業種: 自動車・二輪車その他製造金融小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

伊国鉄、アリタリア航空買収で米英社と協議(02/15)

トルコ自動車生産、1月は11.6%減少(02/15)

独ツァイトフラハト、ブルーエア株10%取得(02/15)

<連載コラム・環境フォーカス>第31回 循環型経済で世界主導目指すEU(02/15)

ユーロ圏成長率、0.2%を維持 ドイツは景気後退入りを免れ(02/15)

フィアットとPSA、小型商用車の合弁延長(02/15)

独高級車3社、1月はBMWが好調(02/15)

シェル、エジプトで油ガス権益を取得(02/15)

通信機器企業の規制強化支持 独内相、中国企業のスパイ疑惑で(02/14)

アベルティス、通信衛星事業を売却(02/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン