• 印刷する

イタリア、1セントと2セント硬貨の鋳造中止へ

イタリアで2018年から1セント硬貨と2セント硬貨の鋳造が中止される見通しだ。与党・民主党が先に法案を提出し、既に委員会での賛成を得ている。ドイチェ・ウェレが29日伝えた。

これによりイタリアでの物価の最小単位は5セントになる見込み。イタリアでは1、2セント硬貨は自動販売機や駐車料金メーターなどで利用できず、使われることはほとんどないという。鋳造には1セント硬貨1枚あたり4.2セント、2セント硬貨は5.2セントのコストがかかっており、鋳造を中止した場合、年間の節約額は20万ユーロに上る。

こうした動きは他の欧州連合(EU)加盟国でも起こっている。ドイツでは可決こそされなかったものの、過去には1、2セント硬貨の廃止法案が提出された。ベルギー、フィンランド、オランダおよびアイルランドではほとんどの物価が5セント単位で設定されている。

欧州委員会が2013年に発表した報告書によると、1、2セント硬貨が導入されて以降の実際の貨幣価値と鋳造コストの差額は総額14億ユーロ以上に上るという。


関連国・地域: ドイツEUベルギーアイルランドイタリアフィンランドオランダ
関連業種: 自動車・二輪車その他製造金融小売り・卸売りマクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テレコムイタリア、新CEOにグビトーシ氏(11/20)

イタリア製造業受注、9月は2.9%減少(11/19)

高級靴レネ・カオヴィラ、香港に初の旗艦店(11/19)

<欧州経済の潮流を読む>第8回 イタリアのEU財政ルールへの挑戦の行方(11/16)

ピアジオ、越でベスパの新モデル2車種発売(11/16)

欧州新車登録、10月は7%減 主要5カ国が引き続きマイナス(11/16)

ユーロ圏GDP、0.2%拡大 第3四半期=2次速報値(11/15)

独高級車3社、明暗分かれる アウディが不振=10月の世界販売(11/15)

欧州委の修正要求を拒否 伊政府、2019年度予算案巡り(11/15)

スノーピーク、ロンドンに英子会社設立(11/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン