• 印刷する

ポーランド南西部の弾薬工場で爆発、2人死亡

ポーランド南西部ドルヌィ・シロンスク県のMakolnoにある弾薬工場で17日午前10時ごろ(現地時間)、爆発があり、2人が死亡し、少なくとも15人が負傷した。ワルシャワ・ビジネス・ジャーナルなどが伝えた。

現場には40人以上の救助隊員が駆け付け、負傷者の捜索や消火活動に当たった。爆発により立ち上った黒煙は6キロメートル離れた場所からも目視できたという。工場に隣接する弾薬倉庫への延焼は食い止められた。

Makolnoの弾薬工場は、黒色火薬を手掛ける世界最古の拠点の1つ。


関連国・地域: ポーランド
関連業種: その他製造建設・不動産政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

航空ノルディカ、LOTから独立後初の運航(08/03)

ベラルーシ五輪選手、ポーランドが受け入れ(08/03)

電力4社、石炭火力発電を国営機関に移管へ(07/27)

ユーロキャッシュ、小売り59店舗を閉鎖(07/23)

欧州委、ポーランドの司法改革巡り罰金も(07/22)

サンドビック、ポーランドのファナール買収(07/19)

日立など、ポーランドで送電事業の実証完了(07/12)

ポーランド野党、トゥスク氏復帰で支持上昇(07/09)

ユミコアのポーランド工場、再生エネ使用へ(07/09)

エネルギー各社、水素輸入に炭素税導入要請(07/09)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン