• 印刷する

伊政府、パスタの原産地表示を義務付けへ

イタリア政府は、国内で販売されるパスタに原産地表示を義務付ける計画について、欧州委員会に正式に承認を申請した。カナダの原料生産者や輸出業者は、売り上げに悪影響が及ぶとして懸念を表明している。ロイター通信などが10日報じた。

伊政府は今後、パスタの原料となるデュラム小麦について、栽培地や加工地の表示を義務付ける方針。承認されれば、イタリアのパスタメーカーは原産国によってサプライヤーを区別する必要が生じる。欧州委は正式な申請を受理してから3カ月以内に自らの見解を述べる決まりだが、特に意見がなければ、新ルールの導入はイタリアの自由だ。

イタリアは現在、カナダ産デュラム小麦の世界2位の輸入国。2016年8月~2017年3月には52万2,000トンを購入しており、カナダからの年間輸出額は約2億4,800万カナダドル(1億8,146万米ドル)と推定される。[EU規制]


関連国・地域: EUイタリアカナダ
関連業種: 食品・飲料農林・水産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

欧州委、伊の学校の高速通信化計画を承認(01/25)

伊議会、320億ユーロの景気刺激策を承認(01/22)

イタリア製造業受注、11月は1.3%減少(01/22)

レオナルド、伊南部の4工場近代化に投資へ(01/22)

大気汚染死亡リスク、欧州首位は伊ブレシア(01/22)

コンテ伊首相、上院でも信任獲得(01/21)

A2A、グリーン化に160億ユーロ投資(01/21)

エニ、バーレーンで循環型経済の促進へ(01/21)

伊首相の信任投票、下院で可決=上院投票へ(01/20)

GDPR違反の罰金総額、過去1年は4割増(01/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

各種ログイン