DHL、環境に優しい配送で星DBSと提携

シンガポールの金融最大手DBSグループ・ホールディングス傘下のDBS銀行は、郵便・物流大手ドイツポストDHL傘下のDHLエクスプレスと環境に優しい配送で提携したと発表した。期間は2017~19年の3年間。アジアの銀行による同様の取り組みは初という。

DBS銀が海外に送る国際貨物は全て、DHLの環境配慮型配送ソリューション「DHLゴーグリーン・クライメート・ニュートラル・サービス」を使って輸送される。同ソリューションは、再生可能エネルギー事業に投資することで、輸送で生じた二酸化炭素(CO2)排出をオフセットする仕組み。荷物の重量や配送距離からCO2排出量を計算し、それに応じた投資をインドのバイオマス発電事業や中国の風力発電事業などに行うという。[環境ニュース]【NNAシンガポール】


関連国・地域: シンガポールドイツ欧州アジア
関連業種: 金融・保険運輸・倉庫社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

スケルトン、タリンから独東部へ工場移転(07/20)

電力フォータム、第2四半期は29%増益(07/20)

ルクソフト、ダイムラー傘下の独同業と提携(07/20)

コンチネンタルが組織再編 パワートレイン部門を上場へ(07/20)

独のテスラ「モデルS」購入者、補助金返還(07/20)

イノジー、エーオンとRWEの資産交換に合意(07/20)

グリーナジー、蘭のバイオ燃料工場を取得(07/20)

BASF、ベルギーの3D印刷技術社に投資(07/20)

企業ソフトSAP、第2四半期は8%増益(07/20)

BMW、インドネシア工場に追加投資へ(07/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン