マクロン新大統領就任、タイの貿易への影響軽微

タイ商務省国際貿易振興局(DITP)のマリー局長は9日、フランスの次期大統領に中道派のマクロン氏が就任することによるタイの対仏貿易への影響は軽微との見方を示した。フランスの貿易政策に大きな変化はないと予測している。

マリー氏は、マクロン氏がフランス国内の雇用回復を目的に公共インフラ事業の促進、福利厚生の充実、法人税の削減を計画している一方、貿易政策では現政権から目立った変化はみられないと指摘。欧州連合(EU)との協力関係も維持される見通しで、現時点では懸念事項はないとみる。

タイの2016年の対仏輸出額は前年比3%減の15億5,340万ドル。主な輸出品目はエアコン・部品、レンズ、ゴム・ゴム製品、コンピューター、機器・部品で、今年1~3月は前年同期比6.5%減の3億8,900万ドルと、前年を下回るペースで推移している。【NNAタイ】


関連国・地域: タイ欧州フランスEUアジア
関連業種: 経済一般・統計IT・通信電機製造一般電力・ガス・水道政治

その他記事

すべての文頭を開く

エアバス、衛星機能持つ太陽光ドローン公開(07/20)

欧州委、RBPLの中核銀行業務売却を承認(07/20)

広告ピュブリシス、上半期は19%減益(07/20)

エミレーツ航空、フランス便を8月から増便(07/20)

エアバス、印新興企業3社と事業提携(07/20)

BASF、ベルギーの3D印刷技術社に投資(07/20)

イージージェット、仏で航空スト巡り提訴(07/20)

アクサ、UAE再保険会社の過半数株取得へ(07/19)

トルコ自動車生産、6月は7.1%減少(07/19)

石油トタル、印ITタタと技術開発で提携(07/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

各種ログイン