• 印刷する

英の電子たばこ使用、たばこをやめた人が過半数

英国の電子たばこ使用者のうち、既にたばこをやめた人の割合が52%となり、たばことの併用者(45%)を初めて上回り過半数に達した。禁煙団体ASHが8日公表した最新調査で明らかになった。

ASHは全国の成人約1万2,000人を対象に調査を実施。それによると、1年前の調査では、電子たばこ使用者のうちたばことの併用者が51%を占め、たばこをやめた人の47%を上回っていた。

今年の調査結果で電子たばこを使用する理由を見ると、既にたばこをやめた人では「禁煙に役立つから」が61%で最も多く、たばことの併用者では「禁煙が目的ではないが、たばこの本数を減らすため」が42%で首位に立った。いずれも2番目に多かったのは「たばこを吸うよりお金がかからないから」で、禁煙者の40%、喫煙者の36%が理由として挙げている。

電子たばこの使用者は推計290万人と、調査を開始した2012年の70万人から4倍以上に増加。ただ前年比では4%増で、伸びは年々減速している。また、最新の科学的研究では電子たばこの有害性はたばこよりはるかに低いとされているものの、これを認識している人は回答者全体の13%に過ぎなかった。

ASHのデボラ・アーノット最高経営責任者(CEO)は「たばこをやめて電子たばこを吸う人が増え続けているのは朗報」とした上で、「喫煙者数は900万人と、なお電子たばこのみの使用者を大幅に上回る」と指摘。喫煙者の3人に1人は電子たばこを吸ったことがなく、その理由として安全性や中毒性への懸念を挙げていることから、電子たばこの有害性の低さを知らせることが重要と強調している。


関連国・地域: 英国
関連業種: 医療・医薬品その他製造マクロ・統計・その他経済社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

骨検査による難民の年齢判定、仏で合憲判断(03/25)

英各省庁、緊急対策を始動 合意なき離脱の可能性に備え(03/25)

スウェドバンク、資金洗浄の調査結果を公表(03/25)

日本税関、英離脱後のEPA適用日程を公表(03/25)

ドイツ銀、合意なき離脱の確率引き上げ(03/25)

スミス・グループ、医療機器部門を分離へ(03/25)

欧州商用車登録台数、2月は4.7%増加(03/25)

ロイヤル・メール、新会長を指名(03/25)

トーマス・クック、英国で21店舗を閉鎖へ(03/25)

ビクトレックス、蘭社の3D印刷技術に投資(03/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

各種ログイン